東京ディズニーリゾートの「年間パスポート」に憧れている方も多いのではないでしょうか。だけど、せっかく買ってもちゃんと元が取れるのかな? と心配になってしまいますよね。そこで今回は、年間パスポート所持者3名に集まっていただき、実際の使用感からデメリットまで、ぶっちゃけて語っていただきました!

東京ディズニーランドの年間パスポート。入園制限時でも入園できる。なお、両パーク共通パスポートは入園制限時に入園できないので、割高になるがランド&シーの年パスをそれぞれ購入する猛者もいる ©Disney

東京ディズニーリゾートの年間パスポートに憧れている方も多いのではないでしょうか。

ただし、ランドまたはシーの年パスは大人52,000円、両パーク共通の年パスは大人80,000円(ともに2013年9月現在)と、気軽に買える金額でないのも事実。せっかく買っても、ちゃんと元が取れるのかな? と心配になってしまいますよね。

そこで今回は、年間パスポート所持者3名に集まっていただき、実際の使用感からデメリットまで、ぶっちゃけて語っていただきました!

 

年パスを買ったきっかけは?

――みなさん、集まっていただきありがとうございます! インタビュアーの私自身、ランドの年パスを持っていますが、やっと歴1年になる初心者です。みなさんのほうが先輩なので、今日はどんなお話が聞けるのか楽しみです。まずはそれぞれ、自己紹介をお願いします。

なっつん:なっつんです。普段はバスの添乗員をしています。年間パスポート歴は、2009年の年末からなので、もうすぐ丸4年です。

コッシー:コッシーです。安月給のトラックドライバーです! 年パスは2012年の1月に作ったので、1年9カ月ですね。

mai:maiです。大学生です。年間パスポートは、自分で買うようになって2年目です。それまでは親が好きで、一緒に買ってもらっていました。通算すると、年パスを買わない期間もあるので……たぶん8年くらいだと思います。

――バラエティ豊かですね。しかも、いちばん若いmaiさんが、いちばん年パス歴が長いという。ディズニーファンは深いですね(笑) それぞれ、年パスを購入したきっかけを教えてもらえますか?

なっつん:はい。直接的なきっかけは、就職です。学生の頃からいつか年パスが欲しいな、とは思っていたんですけど、お金はないし、実家は埼玉県でちょっと距離もあったし。

大学を卒業して、千葉県内で働くことになりました。京葉線沿線にひとり暮らしできることになったので、経済的にも問題なくなったし、もうこれは買うしかない! と。(笑)

コッシー:僕はこれは説明するのに、けっこう長くなります(笑)

――どうぞどうぞ!

コッシー:たぶん、普通、年パスを作るまでの流れというのは、ずっとディズニーが好きで、定期的にワンデーパスポートでインしていた人が、憧れだった年パスを購入!! という感じだと思います。

が、僕は、元々ディズニーが特別好きだったわけでもなく、ディズニーアニメも全く見たことがありませんでした。パークに行くのも、今は年に何十回も行っていますが、年パスを作るまでは、数年に一回程度でした。

それが年パスを作った少し前、12月の暮れのこと。友達とディズニーランドで朝の9時に待ち合わせしてました。ところが、当日の朝になって、友達が来れるのが急遽、午後からになってしまいました。

僕はすでに現地に居たので、ワンデーパスポートを買い、先に1人で中に入って遊んでいることにしました。このときは、1人でインすることに慣れていなかったので、けっこう周りの目を気にしてましたよ。(笑)

でも、アトラクションも1人で乗って、だんだんと「1人でも全然行けるじゃん!」って思えてきて、友達が到着する午後まで、普通に1人で楽しんでいました。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます

いま人気のディズニー動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント