発表された「Wacom Cintiq Pro 24」

ワコムは2月27日、都内にて会見を開き、23.6型の大型液晶ペンタブレット「Wacom Cintiq Pro 24」を3月29日より発売する事を発表した。また、ワコム初のモジュール型PC「Wacom Cintiq Pro Engine」も同日3月29日に発売する。

「Wacom Cintiq Pro」シリーズは今まで13型と16型がリリースされているが、クリエイターからの大型で高精細のデジタルキャンパスに直接描きたいというニーズに応え、今回23.6型の発売に至った。年内には32型モデルも発売予定。ワコムの直販サイト、ワコムストアでの税込価格は「Wacom Cintiq Pro 24 ペンモデル」が25万7040円、タッチ対応モデル「Wacom Cintiq Pro 24」が31万1040円。

「Wacom Cintiq Pro Engine」はWacom Cintiq Pro 24に装着して使用するモジュール型PC。「Wacom Cintiq Pro 24」と組み合わせる事で、単独でグラフィックスコンテンツの作成が可能。グラフィックボードはNVIDIA Quadro P3200を搭載。VR・AR・MRコンテンツもストレスを感じること無く作成出来る。ワコムストアでの税込価格は、Core i5 CPU搭載モデルが31万1040円、XEON CPU搭載モデルが39万7440円。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます