『PLAY PARK 2012 ~日本短編舞台フェス~』、第1弾アーティスト発表

2011.12.16 18:00配信
篠井英介 篠井英介

10日間で40組以上が出演する日本最大級の短編舞台フェス『PLAY PARK 2012 ~日本短編舞台フェス~』。気になる出演アーティストについて、本日、第1弾発表が行われたので速報する。

本日発表となったのは、篠井英介、珍しいキノコ舞踊団、キャラメルボックス、表現・さわやか、BABY-Q、中村有志、花組芝居、劇団鹿殺し、動物電気、ひげ太夫、かわせみ座、ブルドッキングヘッドロック、東京ELECTROCK STAIRS(KENTARO!!)、吟舞道至心流の14グループ。俳優の個人名参加あり、若手からベテランまでの劇団勢あり、ダンスに、伝統芸能に、人形劇も。何でもありの短編舞台フェスにふさわしく、第1弾アーティスト発表から、参加グループのジャンルの幅の広さをきっちりアピールしている。本日発表となったのは、参加全体の1/3ほど。残る2/3のグループは、以後、順次発表となる。

『PLAY PARK』は、“舞台の上では何でも起こる”をテーマに、2003年神戸で、2005年から2007年まで大阪で行われた、短編ばかりの舞台フェスティバル。今年3月に念願の東京開催が予定されていたが、東日本大震災の影響で残念ながら公演中止となった。再スタートとなる今回は、渋谷の新劇場、CBGKシブゲキ!!を会場に選び、10日間にわたって、ダンス、バンド、劇団、パフォーマー、落語家、アーティストなど40組のさまざまなグループを招へい。日本の豊かな舞台表現をコンパクトに俯瞰する。

『PLAY PARK 2012 ~日本短編舞台フェス~』は2012年4月20日(金)から29日(日)まで開催。チケット情報などは後日発表。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング