©︎2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved. 撮影/MezzoMiki

ディズニー/ピクサー最新作『リメンバー・ミー』がいよいよ2018年3月16日(金)に日本公開。

これを記念して、エイドリアン・モリーナ共同監督が来日。

ウレぴあ総研ディズニー特集ではエイドリアン・モリーナ共同監督に単独インタビュー。

「音楽」が「家族の記憶」を繋ぐ名作が生まれた背景を伺いました。

ピクサー作品として『リメンバー・ミー』が生まれた理由

エイドリアン・モリーナです。

『リメンバー・ミー』の共同監督であり脚本も書きました。

ピクサーではストーリーアーティストやアニメーションに関わったり、脚本を書いたり、今回の作品では曲作りで歌詞も書きました。

このようにピクサーでは様々な幅広い役割をしていますが、常に自分がワクワクできるプロジェクトに関わっていて、とても楽しんでクリエイティブに仕事をしています。

ーーエイドリアンさんが考える「ピクサー作品らしさ」と、その中で『リメンバー・ミー』が生まれた理由を教えてください。

いつも私たちがピクサーでやろうとしていることは、それまでに深く探られてこなかったテーマを扱おうということです。

例えば『トイ・ストーリー』では、自分たちの子供時代との関係を探求しています。

また、『インサイド・ヘッド』では、自分と自分の感情との関わりというのをテーマにしています。

『リメンバー・ミー』では、自分と自分の祖先との関係というのをより深く探求していくということをテーマにしています。

祖先というのは今の私たちを作った人たちです。

今回は祖先との深い関わりをテーマにしましたが、これは今まであまり扱われてこなかった、少なくともアニメーションでは扱われてこなかったテーマです。

このテーマを扱うことによって、ユーモアや面白い感情を描けると思いました。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます