アプリでのIoTアパート経営「TATERU Apartment」を提供するインベスターズクラウドの子会社、TATERU bnbは2月27日、メルカリのグループ会社であるソウゾウのシェアサイクルサービス「メルチャリ」を旅行者向けIoTデバイス「TRIP PHONE」に導入することを検討していると発表した。

TRIP PHONEとメルチャリの連携によって、電車や歩行による移動データに加えて自転車による移動データの取得・解析が可能となり、観光政策やインバウンド施策の立案などに活用できるようになる。また、TATERU bnbでは宿泊者の利便性向上と移動データ取得のため、自社で企画・管理運営を代行するIoT民泊物件でメルチャリ専用ポートを設置することも検討中。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます