アイリスオーヤマが「サーキュレーターアイ」シリーズの第一弾を発売へ

アイリスオーヤマは2月27日、独自スパイラルグリルを採用したボール型形状の「サーキュレーターアイ」シリーズを発表した。第一弾として、モーターの改良によって従来品と比較して約20%の風速向上と約50%の到達距離拡大を実現した「強力コンパクトサーキュレーター」を3月23日に発売する。全国の家電量販店での販売を中心に初年度に約10万台を目指す。

前パネルを球面にすることで風の直進性を高め、より遠くまで送風できるようにした。サイズを維持したまま、部屋が18畳の広さでも1台で対応できる。風量調整の切り替えを、従来品の3段階から5段階に増やすことで、微風からターボモードまで微妙な風量で調整が可能なほか、音を気にせず就寝できるように微風・弱モード時の運転音を35dB以下の静音に抑えている。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます