JVCケンウッド、メモリムービーカメラ「Everio」VシリーズとEシリーズ

2011.12.16 18:58配信
Everio Vシリーズ「GZ-V590」(上)と「GZ-V570」

JVCケンウッドは、JVCのハイビジョンメモリムービー「Everio」の新ラインアップとして、コンパクトボディに明るいレンズを搭載した「Vシリーズ」の「GZ-V590」「GZ-V570」、光学40倍ズームを搭載した「Eシリーズ」の「GZ-E265」「GZ-E225」「GZ-E220」を、12月下旬に発売する。

「Vシリーズ」の「GZ-V590」「GZ-V570」は、従来機から体積比で約40%コンパクト化。業界最高の明るさをもつF1.2の新開発スリムレンズと、332万画素の裏面照射CMOSセンサを搭載し、夜景や室内など、暗いシーンでもノイズの少ない映像を撮ることができる。

動画撮影は、AVCHD規格準拠のフルハイビジョン撮影に対応した新開発の光学式手ブレ補正を採用。ワイド端での撮影時に強力に補正する「アクティブモード」で、歩行しながらの撮影でも手ブレを抑えた見やすい映像を撮影できる。

ズーム機能は、光学10倍に加えて、ダイナミック18倍ズームを搭載。液晶画面は、3.0型フルフラットタッチパネル液晶「クリアブライトII」を搭載し、大画面タッチパネルでこれまで以上の視認性と快適な操作性を実現する。さらに、液晶バックライトコントロールで、屋外でも見やすい。

「GZ-V590」は64GBの内蔵メモリを搭載し、カラーはプレシャスシルバー、クリアブラックの2色。「GZ-V570」は32GBの内蔵メモリを搭載し、カラーはプレシャスシルバー、ピンクゴールド、アーバンブラウンの3色。

両機種とも、SDXC/SDHC/SDカードに対応。サイズは幅36.0×高さ57.0×奥行き115.5mmで、重さは約210g。価格はオープンで、実勢価格は「GZ-V590」が11万円前後、「GZ-V570」が10万円前後の見込み。

「Eシリーズ」の「GZ-E265」「GZ-E225」「GZ-E220」は、重さ約190gの軽量、コンパクトボディながら、業界最高となる光学40倍ズーム「コニカミノルタHDレンズ」を搭載する。また、高感度裏面照射CMOSセンサーを搭載し、暗いシーンでも鮮明な映像撮影を行えるようになっている。

液晶画面には、3.0型のフルフラットタッチパネル液晶「クリアブライトII」を採用しており、高画質映像エンジン「FALCONBRID」(ファルコンブリッド)を搭載する。手ブレ補正機能には、「Vシリーズ」と同様の「アクティブモード」を搭載している。

「GZ-E265」は、光学40倍ズームに加えて、ダイナミック54倍ズームを搭載。また、332万画素の裏面照射CMOSセンサー、メモリ32GBを搭載する。アニメーション機能は、フレーム、スタンプ、フェイスデコ、手書きに対応している。カラーは、クリアブラック、ピンクゴールド、シルキーホワイト、ルージュレッドの4色。

「GZ-E225」は、150万画素の裏面照射CMOSセンサーを、メモリ8GBを搭載。アニメーション機能は、フレーム、スタンプ、フェイスデコ、手書きに対応する。カラーは、フローラルバイオレット、アーバンブラウン、フレッシュレッドの3色。

「GZ-E220」は、150万画素の裏面照射CMOSセンサーを、メモリ8GBを搭載。アニメーション機能は、フレームのみ対応となる。カラーは、ルージュレッド、プレシャスシルバーの2色。

3機種とも、SDXC/SDHC/SDカード(最大64GB)に対応。サイズは幅51.0×高さ55.0×奥行き117.0mmで、重さは約190g(バッテリー除く)。価格はいずれもオープンで、実勢価格は「GZ-E265」が7万円前後、「GZ-E225」が4万5000円前後、「GZ-E220」が4万円前後の見込み。

「Vシリーズ」「Eシリーズ」とも、業界初となる犬や猫の顔を検出できる「ペット検出」機能や、ボタンひとつで自動的に液晶モニターの明るさ調整と動作音の消音を行える「マナーモード」を搭載する。

また、カメラ本体に表示するQRコードをスマートフォンで読み取ることで、インターネット経由でユーザーガイドを見られる「スマートユーザーガイド」を導入しており、外出時でも取扱説明書を参照できるようになっている。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング