『劇場版 空の境界』最新作が満足度ランクトップに

2013.9.30 17:28配信
『劇場版 空の境界 未来福音』 (C)奈須きのこ/講談社・アニプレックス・ノーツ・ufotable

「ぴあ」調査による9月27日、28日に公開された映画・満足度ランキングは、奈須きのこの長編伝奇小説を映画化してきた人気シリーズの最新作『劇場版 空の境界 未来福音』がトップに輝いた。2位に故・スティーブ・ジョブズ氏のインタビュー映像を映画化した『スティーブ・ジョブズ1995~失われたインタビュー~』が、3位にハリウッドでのリメイクも決定した福山雅治主演作『そして父になる』が入った。

その他の写真

1位の『劇場版 空の境界…』は、前シリーズの登場人物のサイドストーリーが描かれるほか、脇役キャラクターにも光を当て8作に渡って語られたシリーズを補完していく作品。出口調査では「公開をずっと前から楽しみにしていた。新しいキャラクターが魅力的で音楽もよかった」「原作通りで原作ファンとして大満足。特に戦闘シーンは映像がなめらかですごかった」「原作が良いだけにかなり期待して観に来たが、登場人物の絆を重要視して描かれていて、原作以上のものがあった」「脇役を含めてそれぞれのキャラに焦点が当たっていて話が濃い。最後の最後にふさわしい作品。駆け引きのある会話がおもしろい」などの声があがり、若者を中心に熱い支持を集めた。

2位の『スティーブ・ジョブズ1995…』は、アップルを退社したジョブズが新会社“NeXT”のCEOとして受けたインタビュー映像を映画化したもの。観客からは「プログラム言語のことなど印象的な言葉がたくさんあった。彼のインタビュー映像はあまり残っていないので貴重」「彼のビジョンがよく表れていて、本を読むよりもわかりやすかった」「ジョブズの本音を生の声で聞くことができて大変満席できる内容だった。現在のスタンダードになるモノを数多く発明している彼の考え方を再認識することができた」「彼の功績は、彼の意志の強さや、何が大切かを把握していたからこそ実現したのだということがよくわかった。考えさせられることが多くあり、刺激されるので、若い方に観てほしい」などの声が寄せられた。

(本ランキングは、9月27日(金)、28日(土)に公開された新作映画12本を対象に、ぴあ編集部による映画館前での出口調査によるもの)

いま人気の動画

     

人気記事ランキング