C・イーストウッド出演作『人生の特等席』が訴訟問題に

2013.10.3 14:54配信
ブルーレイ&DVD『人生の特等席』 (C)2012 Warner Bros. Entertainment Inc.

クリント・イーストウッド主演作『人生の特等席』は自分のアイデアを盗んだものだとして、製作会社のオーナーが訴訟を起こした。被告にはワーナー・ブラザース、イーストウッドの製作会社、脚本家などが含まれる。

その他の情報

訴訟を起こしたのは、ゴールド・グローブ・プロダクションのオーナーでプロデューサーのライアン・A・ブルックス。大学野球で活躍した経歴をもつブルックスは脚本家ドン・ハンドフィールドを雇い、『Omaha』というタイトルの、野球を背景にした父と娘の物語を書かせた。だが、ハンドフィールドとブルックスは衝突し、ハンドフィールドは物語の設定や細かいところを変え、別の脚本家の作品としてほかに売り込んだというのが、原告の主張だ。『人生の特等席』の脚本家には、ランディ・ブラウンがクレジットされている。

しかし、ブラウンには野球の知識がいっさいないと原告は指摘。また、『Omaha』を書く過程でブルックスがハンドフィールドに教えた野球に関するいくつかの経験が、そのまま『人生の特等席』に使われている上、脚本のスタイルは間違いなくハンドフィールドのものであるとも原告は主張している。

『人生の特等席』は、イーストウッドの長年の製作パートナーであるロバート・ロレンツの監督デビュー作。イーストウッドのほかに、エイミー・アダムス、ジャスティン・ティンバーレイクが出演している。

『人生の特等席』
ブルーレイ&DVDセット 3980円(税込)
発売中
発売・販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ

文:猿渡由紀

いま人気の動画

     

人気記事ランキング