大きな声では言えませんが、好きな人を振り向かせたい時、使えるのが行動心理学。

行動心理学を使うなんて、ずるくない? と思われるかもしれませんが、好きな人をゲットしたいなら必須テクニック!

好きな人のハートを手に入れる時に効果的な行動心理学、特別にあなたにもお教えします。

2人で出掛けるために

ハートをゲットする云々の前に、やはり2人で出掛けたり、2人の時間を共有するために、その空間を作る必要がありますよ。

なかなか2人で過ごす時間を作れない時こそ、行動心理学を使ってみましょう。

ドア・イン・ザ・フェイス

2人で食事に行きたいけれど、なかなか誘って貰えない。そんな時は、女性が頑張るしかないですよね。

そんな時はドア・イン・ザ・フェイスという行動心理学で2人で過ごせる時間を作ってみましょう。

『大きな頼み事を断らせて、小さなお願いをOKさせる』

誰しもがNOと言うようなお願いをまずしてみます。その後に本命の小さなお願い事をするのです。

例えば、何か高い物を買って貰う事をお願いし、断って貰い、食事をご馳走して貰う事にOKを貰う、というテクニックです。

人は、続けてお願いを断る事を、後ろめたさからなかなか出来ない生き物なのです。

ダブル・バインド

何かを提案したり、誘ったりする時、人は自分が傷付きたくない事から、相手に断られても良い様な選択の仕方をさせてしまいます。

しかし、それでは、なかなか二人の時間を作る事は出来ません。

『選択肢を2~3個だけだし、自分の思っている方向へ誘導する』

例えば、食事に行くか行かないの選択だったら、行かないを選択してしまうかもしれませんが……

『今度の土日どちらかで食事に行こう』

この場合だと行く事は決定事項として話が進んでいるので、どちらかの曜日で行くという選択しか残っていません。

しかし、どちらも都合が悪い時だってあるので、3つ準備すると、結果的にはどこかに当てはまり、あなたの想い通りに動いて行くのです。

人は3つ以上の選択は断れない傾向があるのです。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます