H.I.S.、「大人の趣味旅Magazine」で「3世代旅行」に関する意識調査を実施、主な目的は「親孝行」

2013.10.4 17:10配信

エイチ・アイ・エス(H.I.S.)のアクティブシニア向けウェブマガジン「大人の趣味旅Magazine」は、8月23~26日、子どもをもつ30~49歳の男女を対象に「3世代旅行」に関する意識調査を実施した。

調査結果では、3世代旅行を行う目的について、「子どもと祖父母が触れ合える機会をつくるため」が55.4%と最も多く、「思い出作り」(50.3%)、「祖父母へのプレゼント」(47.9%)が続くなど、祖父母への親孝行や、思い出作りを目的に実施していることが明らかになった。また、3世代旅行の目的地は、回答者の58.3%が「両親が喜ぶ場所」を基準に選ぶとした。

旅行の費用に関しては、祖父母世代へのプレゼントとして、費用の全額を夫婦世代が負担するという回答が全体の31%を占め、夫婦世代が「多めに負担する」という回答と合わせると47%に達する。また、旅行の起案は「夫婦世代から」が78%で、3世代旅行は夫婦世代が金銭的にも精神的にも中心となって進めていることがわかる。

3世代旅行に行った人の91%――「大変満足」が44%、「満足」が47%――は行ったことに満足しており、スケジュール調整など事前準備の負担は大きいものの、旅行に対する満足度は高いという結果が出た。

3世代旅行に対して満足している理由として、「子ども世代と祖父母世代が接することができた」を挙げる声が最も多く、3世代のコミュニケーションの場や、思い出を共有する場として重要な機会となっていることがわかる。

回答者は400人(男女各性200人)。調査にはジャストシステムが運営するアンケートサイトのシステムを利用した。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング