松本人志監督、映画の“結末”に強いこだわり「常にビックリさせたい」

2013.10.5 20:8配信
(左から)佐藤江梨子、寺島しのぶ、大森南朋、松本人志監督、大地真央、渡部篤郎、渡辺直美

松本人志の監督作第4弾『R100』が5日、全国で封切られ、東京・新宿バルト9で初日舞台あいさつが行われた。上映後の観客を前に、松本監督は「一人くらいこんなメチャクチャな監督がいてもいいのかなと思う」と独自の映画スタイルに自信を示し、「最後の最後は、常にビックリさせたいという気持ちがある。ドMがものすごいSと関わるとどうなるか……。海外でも上映中は受けに受けたが、最後のシーンでは皆ポカーンとなっていた」と結末への強いこだわりを語っていた。

その他の写真

舞台あいさつには松本監督をはじめ、大森南朋、大地真央、寺島しのぶ、佐藤江梨子、渡辺直美、渡部篤郎が登壇。映画は開けてはいけない扉を開き“謎のクラブ”へと入会してしまったドMな主人公・片山(大森)が、時と場所を選ばず派遣される個性豊かな“女王様”(大地、寺島、佐藤、渡辺ら)に翻弄される姿を描く。

松本監督がプロの俳優を多数起用し、映画製作するのは初めてで「芸人だったらコントになってしまうシーンも、役者さんだと絶妙なバランスが生まれる。この経験は勉強になった」という。豪華な女優陣に関しては「ここにいる女王様とは、誰とも恋に落ちることがなく(笑)。ややこしい関係にならず良かった。撮影後、鞭が2つ足りないことが分かって、もしかして誰か目覚めちゃったんでしょうか!?」と笑いを誘っていた。

主演を務める大森は「映画を観終わった皆さんが、僕をどんな目で見ているか気になりますが……(笑)。監督からお仕事いただき、嬉しかったですね。刺激的な時間を過ごすことができた」とドMな主人公という難役にも手応えは十分。「私にとっても挑戦だった」(大地)、「楽しい時間でした」(寺島)、「すごく知的な映画」(渡部)とキャスト陣も独特な“松本ワールド”に魅了されていた。現在開催中の第18回釜山国際映画祭「アジア映画の窓」部門への出品も決まっており、渡辺が劇中と同じボンデージ衣装で現地入りする予定。2014年の全米公開も決定している。

『R100』
公開中

取材・文・写真:内田 涼

いま人気の動画

     

人気記事ランキング