LG、カーペットのお掃除力を強化したお掃除ロボット「VR6270LVMB」、カーペット専用回転ブラシ搭載

2013.10.7 16:58配信

LGエレクトロニクス・ジャパンは、お掃除ロボット「ホームボット スクエア」の新製品として、カーペットの掃除力をパワーアップした「VR6270LVMB」を、10月中旬に発売する。価格はオープンで、実勢価格は7万9800円前後の見込み。

本体は、高級感のある光沢塗装とUVコーティングを施し、キズや汚れをつきにくくしている。

標準の回転ブラシと比較して、カーペットでのゴミ除去率を約30%向上した専用ブラシを搭載。カーペットに絡まったホコリや糸くず、髪の毛、ペットの毛、ダニなどを長くて弾力性の高い高速回転ブラシで、奥からしっかりとかき出す。標準の回転ブラシが付属し、床の材質に合わせて使い分けることができる。

形状を丸型から四角型にすることで、側面回転ブラシを従来のロボット掃除機よりも前に設置できるようにするとともに、丸型の従来モデル「VR6170LVM」よりも約1.5cm長い側面回転ブラシの採用によって、丸型のロボット掃除機が苦手としていた部屋のコーナーにあるゴミやホコリをより効果的にかき出して吸い取る。

上部と下部にカメラセンサを備え、毎秒30枚の撮影ができる上部カメラによってマッピング情報を生成し、空間を認識、記憶。下部カメラは動いた距離を認識し、両者を組み合わせることで位置を正確に把握して、すみずみまでくまなく掃除できる。なお、上部カメラはISOコントロール機能を搭載し、感度を自動で調整するので、暗い部屋でも正確な掃除ができる。

このほか、3か所に障害物を検知する超音波センサを備え、赤外線センサよりも広域で立体的に空間を認識し、壁や障害物への衝突を防ぐ。

掃除モードは、部屋の端から端までを往復移動しながら掃除する「ジグザグモード(テキパキ掃除)」、部屋をブロックに分けて掃除する「空間拡張モード(スミズミ掃除)」、指定したスペース内を2回繰り返して掃除する「マイスペースモード(範囲指定掃除)」を搭載する。

さらに、吸引力が必要な場所で吸引力を上げる「ターボモード」や、らせん状に回転しながら直径約1.5mの範囲内を集中的に掃除する「ここだけモード」、リモコンの方向ボタンで操作して掃除を行う「リモコンお掃除モード」も用意している。

運転音は約48dBで、時間帯を気にせず掃除ができる。ダストボックスは手を汚さず、ゴミが散らからない上部着脱式で、周辺部にゴミが付着したり、散らかったりしにくい構造を採用している。ダストボックスの容量は0.6Lの大容量なので、ゴミをたっぷり吸い取れる。

バッテリ駆動時間は最大約100分で、充電時間は約3時間。長寿命のリチウムイオンバッテリを採用し、約500回のフル充電に対応する。本体は、サイズが幅340×高さ89×奥行き340mmで、重さが3.0kg。ホームステーションは、サイズが幅263×高さ128×奥行き181mmで、重さが0.66kg。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング