パナソニックと西川産業が睡眠関連サービスで共同開発

パナソニックと西川産業は3月1日、快適な睡眠環境サポートを目的とした睡眠関連サービスの共同開発を開始したと発表した。

寝室環境で重要な要素である温度、湿度、照明、音響などの機器ネットワーク制御技術をもつパナソニックと、眠りの知見を有する西川産業の両社で、睡眠科学やライフサイエンスの視点から寝具や睡眠環境をサポートするサービスも開発する。日中の活動データ、くらしデータ、睡眠データなどから快眠アルゴリズムを導き出し、一人ひとりの快適な眠りに寄り添う睡眠関連サービスの提供を目指す。睡眠関連サービス提供に向けて、快眠アルゴリズムの実証実験も実施する。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます
関連記事