東芝、録画予約いらずの「タイムシフトマシン」搭載のレコーダー、「レグザサーバー D-M470」など3機種

2013.10.9 19:55配信

東芝は、好みのチャンネルを丸ごと録画し、さかのぼって視聴できる「タイムシフトマシン」を搭載したレコーダー「レグザサーバー」の新製品として、6チャンネル分の番組を最大7.5日間分録画できる「D-M470」など計3機種を、10月30日に発売する。

「D-M470」は、「タイムシフトマシン」用の地上デジタルチューナー6基、通常録画用の地上/BS/110度CSデジタルチューナー1基、2TBのHDDを搭載したHDDレコーダー。地デジ放送のなかから好みに応じて選択した6チャンネル分の番組を、最大7.5日間分録画することができる。また、通常録画用の地上/BS/110度CSデジタルチューナーをタイムシフト用に設定することで、最大7チャンネル分をまるごと録画することが可能。市販の1TBのHDDを「タイムシフトマシン」用として増設すれば、最大11日間分の録画ができる。

サイズ(突起部含む)は、幅361×高さ50×奥行き217mm。BD(ブルーレイディスク)ドライブを搭載せずに、コンパクトなきょう体を実現した。価格はオープンで、実勢価格は10万円前後の見込み。

「DBR-T460/T450」は、地上/BS/110度CSデジタルチューナー3基を搭載したBDレコーダーで、「DBR-T460」が2TB、「DBR-T450」が1TBのHDDを搭載する。設定に応じて3番組同時録画、3チャンネルタイムシフト録画、2番組同時録画と1チャンネルタイムシフト録画、1番組録画と2チャンネルタイムシフト録画の四つのスタイルで使うことができる。「DBR-T460」で3チャンネルタイムシフトを選択した場合、最大15日間分の録画が可能。さらに、市販の1TBのHDDを「タイムシフトマシン」用として増設すれば、最大22日間分の録画ができる。

「DBR-T460」「DBR-T450」ともに、サイズ(突起部含む)は、幅430×高さ46×奥行き210mm。実勢価格は、「DBR-T460」が12万円前後、「DBR-T450」が10万円前後の見込み。

「D-M470」「DBR-T460/T450」は、好みの番組を簡単に探せる「ざんまいプレイ」や、再生中に「おまかせ」ボタンを押すことでプレイリストを作成することなく本編だけを再生する「新おまかせプレイ」を搭載。「DBR-T460/T450」には、録画番組の字幕情報をもとにシーンを検索する「字幕シーンジャンプ」を搭載する。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング