誰でも幸せになるために毎日頑張っているのだと思います。でも、本当に毎日頑張るだけで幸せになることができるのでしょうか?

幸せになるためにするべきことは、意外とシンプルな、今すぐにでも実行できる4つのことでした。

1: いつも笑顔でいること

どんな時も笑顔でいることで、ポジティブなオーラをまとうことができます。そうすることで、どんどんポジティブな出来事を引き寄せることもできます。

特に女性は愛嬌がとても大切。ニコニコしている女性って、ブスっとしている女性よりも、魅力が2倍増しになるのをご存知ですか?

もともと美人の人でも、笑顔がないと近寄りがたく感じてしまいますよね。美人でクールな女性よりも、ちょっとブスでもいつもニコニコ優しい人の方がモテるのです。

男性はどうしても女性に癒しを求めるものです。

一緒に歩くなら美人でスタイリッシュな方がいいかもしれませんが、結婚していつも家で一緒にいたいのは、ほんわかムードの笑顔が絶えない女性なのです。

どちらの女性がより幸せになれると思いますか?

もちろん結婚すれば幸せ、しなければ不幸せということは一概には言えませんが、結婚という1つの選択肢を選ぶ権利を得やすいという意味では、いつも笑顔でいる女性の方が勝ちだと言えます。

さらに「こうなったらいいな」など、ポジティブな未来を思い描いて行動しましょう。

「もしも、こうなったらどうしよう?」とネガティブ志向では、せっかくのポジティブが逃げて行ってしまいます。

素敵な未来を思い描いて、いつでもポジティブな考えを持つことが、自然と笑みをもたらしてくれるでしょう。

2: 太陽の光に当たること

太陽はエネルギーの源。この世の中にあるすべてのものは、太陽から光を浴びて生きているといっても過言ではありません。

太陽の光で植物は成長し、私たち人間も健康に毎日を送ることができます。

幸せになるためには健康であることが大切です。病気になったり、気持ちが沈んだりするときは、負のオーラが周りにたくさん集まっている証拠。元気がないとさらに不幸を招きかねません。

元気いっぱいハツラツとしていると、負のオーラは近づくことさえできないのです。

太陽の光をいっぱい浴びて、元気いっぱいに活動することで、負のオーラが自分の周りに集まらないようにしましょう。

毎日少しの時間でも外で運動ができればベスト。ジョギングやテニス、ゴルフ、それ自体がストレス発散になれば素敵ですね。

時間がない人は、週末だけでも日光浴を兼ねてウォーキングなどはいかがですか? 天気のいい日は、オフィスのひとつ前の駅で降りて歩くのもいいですね。

太陽を浴びて太陽からパワーをもらいましょう。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます