【恋愛】ベストパートナーと出会うために必要な「恋学」って?

2013.10.18 10:30

愛し愛される関係を築くには、相手を理解する努力と学習=恋学が不可欠です。今回は、恋学コンサルタントの大木隆太郎先生に、「あなたが求める恋を実らせる方法」をうかがいました。

愛し愛される関係を築くには、相手を理解する努力と学習=恋学が不可欠です。

今回は、恋学コンサルタントの大木隆太郎先生に、「あなたが求める恋を実らせる方法」をうかがいました。

 

恋をする意味を明確にすることが「恋学」の第一歩!

もしあなたが、“恋人がほしい!”と思っているなら、どうして恋人がほしいのか。その理由を自分に問うてみてください。

実は、それが「恋学」の第一ステージ。自分が恋愛に何を求めているか、それをきちんと知らなければ、ベストパートナーは探せません。

支えがほしい、恋がしたい、一緒に遊んでくれる人がほしい……。など、理由はあなたが望む通りで構いません。

たとえば“支えがほしい”という望みが第一条件なら、包容力があり頼り甲斐のある異性に的を絞れば恋人ができます。

そう。あなたが“どんな恋愛”を、“何のため”に求めているのかを追求し、その目的と自分に見合うステージで恋人を探せば、あなたが求める理想の恋人にめぐり会えるのです。

 

ゴールは結婚? 経験を重ね見えてくるベストパートナー

あなたが恋愛を求めるのは、恋人を作るため? それとも結婚をするためですか?

もし前者であれば、「恋活」が必要になります。合コンや街コンなど、ラフな気持ちで臨むフランクな出会いから、恋人を作るためのアクションを起こせば良いでしょう。

そして恋人になった暁には、恋愛を楽しむ関係を育めれば目標達成です。

けれど後者が真の目的であれば、「婚活」をすることになります。
結婚相手に相応しい恋人を選び、交際を続ける中で、“この人とならずっと一緒にいられる”そう決意し結婚に至るのが、一番オーソドックスな恋愛結婚の流れと言えるでしょう。

しかし、一人の異性と恋活→恋愛→婚活→結婚へとストレートに至ることは稀で、だいたいは恋活⇔恋愛・恋愛⇔婚活・婚活⇔恋活と行ったり来たりを繰り返し、ベストパートナー探しに奮闘することになります。

実はその繰り返しの過程こそが、パートナー探しには欠かせないのです!
大切な人との別れを悲しんでいる暇があるなら、どうしてその人とは結婚に至らなかったのか。
どんなパートナーが自分に合っているのかをきちんと考えることで、自身の強みと弱みが見えてきます。

経験から学び、自分を見つめ直し、ベストパートナーについて想像をめぐらせる。それが「恋学」の第二ステージです。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング