ドコモ、子育て家族向けの知育サービス「dキッズ」、スマートフォンやタブレット端末で楽しく学習

2013.10.11 16:8配信

NTTドコモは、「dマーケット」の新サービスとして、スマートフォンやタブレット端末を使用して、安心して楽しみながら学習できる子育て家族向けの知育サービス「dキッズ」の提供を11月29日に開始する。利用料金は月額390円で、初回最大31日間はお試し期間として無料。

ぬりえ、絵本、図鑑など、子どもの力を育む豊富な知育コンテンツを安心して利用できるサービス。1回の利用時間や、子どもが利用できるコンテンツを保護者が設定できる「キッズモード」を用意する。

コンテンツは、「とびだす☆おえかき」「しまじろうパーク」「プレNEOくいずかん」「森のえほん館」「おとあそび」「おしごとコレクション」の6種類。いずれも毎月更新する。

タカラトミーエンタメディアが提供する「とびだす☆おえかき」は、子どもが塗った「トミカ」や「リカちゃん」などのぬりえにスマートフォンやタブレットをかざすと、3Dになって画面上で動きだす。想像力がふくらむお絵描きコンテンツ。

ベネッセコーポレーションが提供する「しまじろうパーク」は、しまじろうと一緒に旗上げゲームや間違い探し、迷路などを楽しみながら、空間を認識する力を育む。

小学館が提供する「プレNEOくいずかん」は、大人気の図鑑『プレNEOシリーズ』をデジタル化したもので、子どもの「なぜ?どうして?」を解決し、学習習慣や探究心が自然と身につけることができる。

キッズスターが提供する「森のえほん館」は、『シンデレラ』や『ももたろう』などの名作絵本を100冊以上提供。全作品が英語音声も用意しているので、親子で英語を学ぶこともできる。

スマートエデュケーションが提供する「おとあそび」は、子どもに人気の『おやこでリズムえほん』シリーズを一つに集約。「おもちゃのチャチャチャ」や「アイアイ」などの童謡、人気のTV・アニメソングに合わせて楽器で遊びながら、リズム感覚が身につけることができる。

タカラトミーエンタメディアが提供する「おしごとコレクション」は、ドコモショップ店員、パティシエなど、さまざまな仕事を体験して、社会生活への関心を高める。対応機種は、Android 4.0以降を搭載したドコモスマートフォンとドコモタブレット。

ドコモは、対象のドコモタブレット(ARROWS Tab F-02F、dtab)を購入し、同時に「dキッズ」をドコモショップで申し込んだユーザーに、dキッズオリジナルタブレットケース(スタンドつき)をプレゼントする「ケースプレゼントキャンペーン」を実施している。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング