上野樹里、初共演した松本潤の手は「暖かい」

2013.10.12 20:51配信
上野樹里

嵐の松本潤と上野樹里が初共演を果たした『陽だまりの彼女』が10月12日、全国で封切られ、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで初日舞台あいさつが行われた。5年ぶりの映画主演を務めた松本は「久しぶりなのでドキドキしているが、僕にとって大切な作品になった」と感無量。上野が「手をつなぐシーンでは、松本君の手が暖かくて…」と振り返ると、「心が冷たいんでしょうね」と自虐的な素振りで、会場の笑いを誘っていた。

その他の写真

“女子が男子に読んでほしい恋愛小説NO.1”として人気を博す越谷オサム氏の同名小説を映画化。新人営業マンの浩介(松本)と、美しい女性へと成長を遂げた中学時代の幼なじみ・真緒(上野)が10年ぶりに再会を果たすことから始まるラブストーリー。真緒が抱える“不思議な秘密”が奇跡のハッピーエンドを導き出す。

松本は「きっと自分の年齢や環境が変わるたびに、感じ方が変わるんだと思う。だから何度でも観たいですね」とアピール。3年ぶりの映画出演となった上野も「陽だまりの暖かさに包まれるはず。ご覧になった皆さんの心が、暖かくなることを願っています」と作品への思いを語っていた。

舞台あいさつには松本と上野をはじめ、玉山鉄二、大倉孝二、谷村美月、菅田将暉、北村匠海、葵わかな、小籔千豊、三木孝浩監督が勢ぞろい。現在、アイドル活動もしている葵は「ある日、ライブ前日で緊張している私に、松本さんが『自分たちなんて、スケスケの衣装だったけど大丈夫だった』と話してくださった。おかげで緊張が解けて、勇気をいただきた」と裏話を明かすと、松本は「あれは衝撃的でしたからね…」と照れ笑いを浮かべていた。

『陽だまりの彼女』
公開中

取材・文・写真:内田 涼

いま人気の動画

     

人気記事ランキング