よしもの芸人で盛り上がるCP+のエプソンブース

エプソンは3月1日、カメラと写真映像の総合展「CP+2018」の自社ブースで、人気芸人で写真やアートが得意なCOWCOW 善しさんと、画力でも注目のレイザーラモンHGさん、こぶしたかしのキャラクターで人気のレイザーラモンRGさんの3人を招いたスペシャルイベント「よしもと芸人プリント流行らせ隊決起集会」を開催した。

3人は「よしもと芸人プリント流行らせ隊」として、自らつくってきた作品を披露しながら、写真やプリントの楽しさについてのトークを展開した。

COWCOW 善しさんは、自ら部長となり「よしもと写真部」を結成するなど、自身の作品も積極的に発信している。イベントでは、普段からエプソンのプリンタを使っていることを明かし、「むちゃくちゃきれいなプリンタ」にかけた"むちゃプリネタ"を披露した。しりとり形式で寿司、塩、オクラの順に印刷した写真を送りながら、最後はライオンでオチをつけた。

また、レーザーラモンRGさんは自身の持ちキャラである「こぶしたかし」の応援グッズとして、ポスターや紙扇子、ポチ袋、CDジャケットを披露した。

レイザーラモンHGさんは、独学で始めた絵画の才能が評価されている。本物のキャンバスに本人の写真をプリントした上にアクリル絵の具でアートを施した。作品名は「ワンヒッターズ」。日本語に訳すと「一発屋」で、スギちゃんやダンディ坂野さんなど、レイザーラモンHGさんが「代表する一発屋」と認めた芸人のアイテムの一部が、作品のなかに隠されている。

3人の作品は、3月4日まで、エプソンブースで展示する。このほかブースでは、人気のクリエイターや多くのフォロワー数を誇るインスタグラマーが、最新のプリンタを使って「旅ノート」「ペット写真グッズ」「フォトブック」など、女性向けのコンテンツを紹介。ここでしか聞けないエプソンプリンタ活用の体験談などを語るトークショーも行う。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます