『ブロークンシティ』ラッセル・クロウの“熱演”動画が公開

2013.10.16 11:00配信
『ブロークンシティ』 (C)2012 Georgia Film Fund Seven LLC and Monarchy Enterprises S.a.r.l.

マーク・ウォールバーグとラッセル・クロウが競演する『ブロークンシティ』が19日(土)から公開される。本作は、市長選挙とその裏で動く巨大な陰謀に主人公が巻き込まれていく様を描いたクライム・サスペンスだ。クロウが現市長役を演じており、スゴみのある演技で観客を圧倒する。

“熱演”動画

本作はかつては刑事として活動していたが、現在は私立探偵をしている主人公ビリー(ウォールバーグ)が、市長のホステラー(クロウ)の調査依頼を受けたことを機に彼の巨大な陰謀に巻き込まれていく様を描いた作品。ウォールバーグとクロウ、米映画界を代表する実力派俳優の“真剣勝負”が見どころだ。

このほど公開されたのは、間もなく投票日を迎える市長選挙に備えて行われるテレビ討論会の場面を捉えたシーン。物語の舞台となるニューヨークでは選挙戦を控えており、現在、現役市長のホステラーと対立候補のヴァリアントが激しいキャンペーン戦を繰り広げている。ヴァリアントは、ホステラーが進める開発計画を「低所得者から家を奪う計画だ」と非難し、優勢を勝ち取っていた。しかし、このほど公開された討論会ではヴァリアントは精細を欠き、ホステラーが力強いスピーチで集まった観客を魅了していく。言葉巧みに場を支配し、緩急をつけながら相手を追いつめていくクロウの熱演は必見だ。しかしなぜ、ヴァリアントは現市長を攻撃しないのか? 何か隠された事情や事件、陰謀があるのではないか?

これまでも『スーパー・チューズデー ~正義を売った日~』や『ブルワース』『パララックス・ビュー』『候補者ビル・マッケイ』など、選挙戦を題材にした作品には名作が多い。対立するふたつの主張、情熱をぶつけあう候補者、そして「何が何でも当選したい」という想いが生み出す事件や陰謀がドラマをグッと盛り上げ、重厚なドラマを描き出すからだろう。偶然だが11月初旬には実際のニューヨーク市長選挙も控えており、映画のような公開討論も行われている。そこに“陰謀”があるかはわからないが、熾烈なドラマが展開されていることは間違いない。映画『ブロークンシティ』はここに、主演俳優ふたりの“演技バトル”が加わり、最後まで息つく間もない作品に仕上がっている。

『ブロークンシティ』
10月19日(土)、新宿バルト9 他全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング