オペラ界の最前線で活躍するテノール歌手たちが一堂に会する、輝く声の競演「藤原歌劇団トップ・テナーズ」が、昨年に続いて東日本大震災遺児支援チャリティ・コンサートとして3月20日(火)東京・新宿文化センターで開催される。村上敏明、笛田博昭、藤田卓也、西村悟、4人の出演者のうち、西村に意気込みを聞いた。

【チケット情報はこちら】

「この4人の共演はまれ。僕もダブルキャストで組んだ以外には経験がありません」。通常、オペラの主役級テノールは1演目にひとりなので、彼らがそこで共演することはまずありえない。「でも、お互いにライバル心をむき出しにして、ということはないんです。テノールって実は医学的にも無理があると言われるぐらい過酷なパートで、最後に高音をピタッと決めないとお客様に満足していただけない。だからこそ聴き手の心を掴むことができるのだとも思いますが、精神的にも追い込まれることが多いので、互いの演奏を聴いていても手に汗握るというか(笑)。他人事ではないんですよ。笛田さんがドラマティコ、村上さんがスピント、藤田さんがリリコ・スピント、僕がテノール・リリコ。このコンサートだけで、四者四様のテノールをお聴きいただけます」

歌うのはひとり3~4曲前後。西村自身は、マイヤベーヤの歌劇《アフリカの女》より〈おお、パラダイス〉、フロトーの歌劇《マルタ》より〈夢のように〉、福島民謡〈会津磐梯山〉、ミュージカル《回転木馬》より〈ユール・ネヴァー・ウォーク・アローン(人生ひとりではない)〉を歌う。「復興支援のテーマに沿って選曲しました。〈おお、パラダイス〉はヴァスコ・ダ・ガマが新航路を発見して辿り着いたインドの美しさを歌うアリア。震災で失われた景色を、時間がかかってもいいから取り戻してほしい。そこに少しでも協力できればという思いを込めて。《回転木馬》は最近好きなんです。嵐のあとには必ず黄金の空が見える。君はひとりじゃない。コンサートの趣旨にもぴったりです」

両親が仙台と福島の出身。7年前の3月11日は、イタリアから一時帰国中だった。「最初は、音楽家ってなんて無力なのだろうと感じていました。でも、音楽を通して安らぎや元気を届けることはできる。心の問題はこれから何十年ずっと続いていくことなので、僕らもまだまだこれから必要なんだなと思い始めています。しっかり準備してベストを尽くして歌うことが、お客様に対しての感謝でもありますし、被災地への思いにもつながると思っています」

終演後には出演者ら自身も募金活動に協力する。テノールたちの熱い歌声と志に、われわれ聴衆もぜひ、それぞれに善意で応えたい。共演は田中祐子指揮の東京シティ・フィル。司会にミュージカル俳優の田代万里生。

取材・文:宮本 明

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます