シャープ、BDレコーダー「AQUOSブルーレイ」5機種、「スピードBDドライブ」を搭載

2013.10.16 17:57配信

シャープは、ブルーレイディスク(BD)レコーダー「AQUOSブルーレイ」の新製品として、「BD-T2500」と「BD-T1500」の2機種を11月27日に、「BD-W1500」「BD-W550」「BD-S550」の3機種を11月6日に発売する。

高加速モーターによってドライブの回転性能を向上するとともに、記録しているデータへのアクセスを早める新開発の「スピードBDドライブ」を搭載。高速化によって、ディスクをセットしてから映像再生までの時間を従来機「BD-S520」の約半分に短縮した。

「高画質マスターエンジンBD」を搭載し、長時間モードでのブロックノイズや文字などのエッジノイズを低減。放送の視聴、DRモードで録画した番組再生やBD/DVD再生時でも、ノイズの少ない高画質を実現する。

スマートフォン/タブレット端末との連携機能は、録画した番組や放送中の番組を無線LANを使ってHDDに転送する「スマートフォン Wi-Fi転送&ダビング」や、専用アプリ「AQUOSリモート予約」を使って外出先でも番組検索や録画予約ができる「スマートフォン リモート予約」、スマートフォン/タブレット端末を使って音声で本体を操作できる「スマートフォン ボイスリモコン」を備える。

このほか、録画リスト表示画面や録画番組の再生中に録画した番組のシーンを子画面で一覧表示する「新・見どころポップアップ」や、高画質映像出力に対応した「4K純モード」、シャープの液晶テレビ「AQUOS」をはじめ他社製テレビの操作も可能な「新ファミリモコン」、これまで使用していた「AQUOSブルーレイ」に録画した番組を有線LAN経由でダビングできる「買換えお引っ越しダビング」など、多彩な機能を搭載する。

「BD-T2500」は、2TBのHDDと3基のチューナーを搭載する。価格はオープンで、実勢価格は12万円前後の見込み。

「BD-T1500」は、1TBのHDDと3基のチューナーを搭載する。価格はオープンで、実勢価格は10万5000円前後の見込み。

「BD-W1500」は、1TBのHDDと2基のチューナーを搭載する。価格はオープンで、実勢価格は8万円前後の見込み。

「BD-W550」は、500GBのHDDと2基のチューナーを搭載する。価格はオープンで、実勢価格は7万円前後の見込み。

「BD-S550」は、500GBのHDDと1基のチューナーを搭載する。価格はオープンで、実勢価格は6万円前後の見込み。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング