主演の藤ヶ谷太輔

 舞台「そして僕は途方に暮れる」のプレスコールおよび囲み取材が5日、東京都内で行われ、出演者の藤ヶ谷太輔(Kis-My-Ft2)、前田敦子、中尾明慶、板尾創路が登場した。

 本作は、フリーターで自堕落な生活を送っている裕一(藤ヶ谷)が、「人に怒られたくない」というたわいない理由から、恋人の里美(前田)や親友の今井(中尾)、家族らを裏切って逃げ続け、後戻りができなくなる姿を描く。

 プレスコールを見た女性記者が「藤ヶ谷くんにすごくムカつきました」と率直に感想を伝えると、藤ヶ谷は「狙い通りです」とにっこり。浮気を疑ったことで裕一に逃げられる役どころの前田も「男の人の逃げる習性を裕一はすごく表現しているなと思いました」と話した。

 「裕一は、キスマイのメンバーの中で誰に一番近い?」と聞かれると、藤ヶ谷は「逃げそうな感じというか、宮田(俊哉)さんは本当は心で思っているのと違っても、『アハハ、いいね』とか言って、だいたいその後によくない顔をしてるので、宮田さんですかね。テレビを見ていても、(宮田が)『ハハハ』って笑っていても、目が笑ってないときがあるので、それをちょっと(役作りの)参考にしました」と告白して、笑いを誘った。

 また「藤ヶ谷さんの座長ぶりはどう?」と質問された前田は「すごく真面目です」と回答。中尾は「すごくいいにおいがする座長です。甘いにおいがするんですよ。こんなに甘い香りがする座長は初めてなので、(藤ヶ谷と)抱き合うシーンがあるんですけど、そのときは、そのにおいを楽しみに頑張っています」と明かして、会場を沸かせた。

 最後に藤ヶ谷は、舞台について「人生の中で逃げたい瞬間があると思うんですけど、逃げ続けた先に何があるのかという主人公のロードムービー的なものになっているので、劇場で体感してほしいです」とアピール。

 さらに「ジャニー(喜多川)さんも(体調は)大丈夫です。(キスマイの)みんなもきっと見に来てくれると思います」と語り、「少し痩せたのでは?」と聞かれると、「稽古を一生懸命やったら2、3キロ痩せました」と明かした。

 舞台は6日~4月1日、都内・Bunkamuraシアターコクーン、4月9日~15日、大阪・森ノ宮ピロティホールで上演。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます