『トランスフォーマー ロストエイジ』撮影現場で暴力事件が発生

2013.10.18 15:3配信
『トランスフォーマー ロストエイジ』

『トランスフォーマー ロストエイジ』の現場で、何者かがマイケル・ベイ監督にエアコンを叩き付けようとする事件が起こった。男はセキュリティに取り押さえられ、ベイにケガはなかった。

その他の情報

撮影現場は、香港。突然現場に入ってきた男は、ベイの頭にエアコンを殴りつけようとしたが、ベイはうまくそれをよけ、大事にはいたらなかった。現場のクルーとキャストにもケガ人は出ていない。現場のセキュリティが容疑者を取り押さえ、容疑者を含む計3名が警察に逮捕された。

ベイがブログに書き込んだところによると、トラブルの原因は、撮影の影響を受ける現地の人たちに払うお金のことのようだ。ベイいわく、みんなに正当な料金を払っているにも関わらず、この男はその4倍の金額を要求。ベイらがノーと言うと、その1時間後に、大きなエアコンを抱えて現場に現れたという。男はドラッグをやっていたらしい。男は止めに入った人々を噛もうともしたそうで、ベイは「まるで『ワールド・ウォーZ』のゾンビのようだった」と振り返っている。

『トランスフォーマー ロストエイジ』は、来年6月27日北米公開予定。これまでにオースティン、デトロイト、シカゴなどでロケを行っている。今作の主演はマーク・ウォルバーグ。

『トランスフォーマー ロストエイジ』
2014年夏公開予定

文:猿渡由紀

いま人気の動画

     

人気記事ランキング