aiko、ライブハウスツアー「Love Like Rock vol.5」が無事終了

2011.12.19 17:5配信
aiko aiko

10月からスタートしたaikoのライブハウスツアー「Love Like Rock vol.5」が、Zepp Tokyo公演でファイナルを迎えた。

他のライブ画像を見る

オープニングの『恋愛ジャンキー』からロック色を強めたアレンジのナンバーを立て続けに披露し、最初の4曲が終わった時点で満員の観客もaikoも汗だく。終始クライマックスのようなテンションと盛り上がりでライブは続いていった。紅白出場の話題などで笑顔を咲かせたMCや、客席中央まで延びる花道の先に用意されたサブステージでのコミュニケーションにより、会場は圧倒的な一体感に包まれる。新アレンジで聴かせたミディアムナンバー『寒いね...』、アコースティックスタイルでの『悪口』『ぬけがら』などライブならではのシー ンを挟みつつ、後半では『be master of life』や『二人』といったキラーチューンでふたたび疾走。そして「みんなにどうしても聴いてほしい1曲です」という言葉とともに歌われた新曲『ずっと』で本編を終えた。

アンコールでは『小鳥公園』『愛の病』『ボーイフレンド』の3曲を熱唱。その途中でaikoは全18公演のツアーを終えるにあたっての心境を真っ直ぐ言葉にした。震災から9ヵ月たった今の気持ち。ライブができることの喜び。ファンのみんなと笑いあえることの尊さ――そんな彼女の 熱い想いに大きな拍手が巻き起こった。その後はファイナルにふさわしいダブルアンコールとして『カブトムシ』も披露され、約3時間に渡るライブは幕を閉じた。

デビュー13周年を迎えた今年は、初のベスト『まとめⅠ』『まとめⅡ』のリリースではじまり、4月からのホールツアー「Love Like Pop vol.14」と今回の「Love Like Rock vol.5」という2本のツアーで休みなく全国を駆け巡ったaiko。12月23日(金)には「MUSIC STATION SUPER LIVE 2011」、そして12月31日(土)は「第62回 NHK紅白歌合戦」への出演を控えている。

■「aiko Live Tour Love Like Rock vol.5」
12月18日(日) Zepp Tokyo公演 セットリスト
M01.恋愛ジャンキー
M02.鏡
M03.心日和
M04.milk
M05.ヒカリ
M06.密かなさよならの仕方
M07.桃色
M08.寒いね...
M09.ふれていたい
M10.悪口
M11.ぬけがら
M12.陽と陰
M13.キスする前に
M14.be master of life
M15.二人
M16.ライン
M17.ずっと
<ENCORE>
EN1.小鳥公園
EN2.愛の病
EN3.ボーイフレンド
<DOUBLE ENCORE>
EN4.カブトムシ

いま人気の動画

     

人気記事ランキング