天才か? クソ野郎か? 映画『スティーブ・ジョブズ』最新動画が解禁

2013.10.21 17:6配信
『スティーブ・ジョブズ』 (C)2013 The Jobs Film,LLC.

アップル創業者の半生を描いた映画『スティーブ・ジョブズ』が間もなく公開される。数々の革新的なアイテムを世に送り出し、つねに“未来”を見続けた天才的な人物……だが、その実像は少し問題ある人物だったようだ。控えめに言って“クソ野郎”としか言いようがないジョブズの人物像がわかる特別動画がこのほど公開された。

特別動画

iPhoneなど数々の革新的な製品を生み出したジョブズは、その破天荒な性格から多くの敵を作ってきた。動画は、どこかで聴いたような穏やかなピアノのメロディとナレーションに乗せて「同僚に優しくて、常識があって…」とジョブズが紹介されるが、登場する彼は、同僚に向かって「ブリトー食って死ねデブ」と言い放ち、通勤時には障害者用駐車スペースに車を停め、盾突く部下に「クビだボケ」と怒鳴り散らす。晩年のジョブズが新作発表会で見せたユーモアとカリスマ性に満ちた姿からは想像もつかない姿だ。

映像は「そんな最低なクソ野郎でも最高の未来を作れる。スティーブ・ジョブズならね」というナレーションで締めくくられているが、劇中でジョブズはあまりに独善的な態度と悪態がたたって、挫折を経験する。しかし、彼は守りに入ることなく、自分の感性を貫き続けた。天才にしてクソ野郎のジョブズはいかにして世界に革命を起こし、人々を魅了し、自身が描く“未来”を実現させたのか? 短い映像ながら、映画公開への期待が高まる内容になっている。

『スティーブ・ジョブズ』
11月1日(金) TOHOシネマズ 日劇ほか 全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング