U-KISS、日本デビューに「深い意味を感じる」

2011.12.19 20:00配信
日本デビューを果たしたU-KISS 左からAJ、フン、ドンホ、ケビン、イライ、スヒョン、キソプ 日本デビューを果たしたU-KISS 左からAJ、フン、ドンホ、ケビン、イライ、スヒョン、キソプ

シングル『Tick Tack』(12月14日発売)で日本デビューした、韓国出身の男性7人組グループ・U-KISS。他のK-POPアーティストの大半が、韓国でのヒット曲の日本語バージョンで日本デビューする中、彼らは日本のオリジナル楽曲で勝負した。結果は、オリコンシングルランキング初登場(12月13日付)で3位を獲得、好スタートを切った。そんな彼らに、日本デビューについて話を訊いた。

U-KISSの公演チケット情報

日本デビュー以前も、イベント出演など日本での活動を多く行ってきたU-KISS。あらためて、日本語で歌い日本のオリジナル曲で正式にデビューするということについて、ケビンは「とても緊張していますが、それ以上に期待しています」と顔をほころばせる。リーダーのスヒョンは「韓国でデビューしてもう4年目。いろんな国に行きましたが、一番訪れているのが日本です。日本での活動をずっと夢見てきました。愛着のある日本でデビューできることは深い意味を感じます」と感慨深い様子だ。イライも「日本では新人ですが、これまでに、たくさんのことを日本の舞台で学びました。日本のファンの方は礼儀正しくて、見守ってくれるような感じ。学んできたことは、これからも生かして行きたい」と語る。

今年6月に来日し、関西を拠点に活動を始めることを発表。“日本に根ざした活動を”と日本での生活もスタートさせ、デビューの準備をしてきた。ドンホは「単に歌手としてだけでなく、バラエティ番組やドラマなどにも出演したいと考えています。そういう準備段階になったんだと思います」と期待を込める。

日本デビュー曲『Tick Tack』は、楽曲を聴くのはもちろんだが、パワフルなパフォーマンスも見どころだという。AJは「時計を表現したダンスがあるので、注目してほしいです。コーラス部分はみんなで踊るし、ダンスブレイクでは、ダンスのバトルがあったり。歌としてもサビではスヒョンさんとフンがアドリブするところもあります」とアピールした。

2012年3月からは全国ツアー「U-KISS 1st JAPAN LIVE TOUR 2012」(6か所11公演)を控えている。「一番重要なのは、ファンが楽しめること。僕たちが楽しめば、ファンも楽しめると思うので、一緒に楽しめるライブにしたい」(スヒョン)、「今まで会えなかったファンに会えるのが一番楽しみ!」(ケビン)と笑顔で語った。

このインタビューの完全版は、U-KISSインタビュー(http://t.pia.jp/interview/music/u-kiss.jsp)と雑誌『韓流ぴあ 1/31号』(12月22日発売)に掲載中。なお、U-KISSの日本デビューシングル『Tick Tack』は発売中。また、全国ツアーのチケットは、先行予約をチケットぴあにて順次受付、2012年1月28日(土)10時より一般発売される。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング