「こんなハリソン・フォードは見たことない!」映画『42』に賞賛の声

2013.10.24 14:55配信
『42~世界を変えた男~』 (C)2013 LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS LLC.

史上初の黒人メジャーリーガー、ジャッキー・ロビンソンの実話を描いた感動作『42~世界を変えた男~』でハリソン・フォードがジャッキーを導く球団GMを演じ、高い評価を集めている。すでに行われているモニター試写会でも彼の演技に驚き、賞賛をおくる観客が続出している。

その他の写真

本作の主人公は、世界で始めて黒人メジャーリーガーになったジャッキー・ロビンソンと、球団のジェネラル・マネージャー、ブランチ・リッキーだ。リッキーは白人選手以外に開かれていなかったメジャーの門戸を開き、ロビンソン選手を迎え入れるが、観客やマスコミから非難を浴びる。映画は背番号“42”をつけて孤独な戦いに身を投じたロビンソンと彼を支えたリッキーの姿を描いている。

フォードといえば、ハン・ソロやインディ・ジョーンズなどヒーロー役で人気を博す一方で、『刑事ジョン・ブック 目撃者』などでは重厚な演技を見せてきた。しかし、多くの観客にとってフォードは前者のイメージが強いようだ。しかし、『42…』が公開されると彼に対するイメージは大きく変わるのではないだろうか。日本公開の前に行われたモニター試写会では参加者の多くがフォードの演技に関するコメントを残しており「ハン・ソロのイメージだったけど、あんなに演技が上手かったとは」「こんなハリソン・フォードは今まで見たことがない!」「ハリソンってこんなに演技派だっけ? と思うほど上手かった」などの声が寄せられているという。

ちなみに、劇中に登場するセリフについてのアンケートでは、フォード演じるリッキーがジャッキー・ロビンソンにいう「いや、そうではない。“やり返さない勇気”を持つ選手になるのだ」がトップになったという。“やられたら、やりかえす”は瞬間的には爽快感のあるドラマかもしれない。しかし、本作では苦境の中で、あえてやり返さずに真摯に野球に打ち込むことで、周囲の心を動かしていくロビンソンとリッキーの戦いを描いており、鑑賞者から賞賛を集めている。

『42~世界を変えた男~』
11月1日(金)公開

いま人気の動画

     

人気記事ランキング