ヤマハ、Bluetooth対応デスクトップオーディオシステム「TSX-B72」、ベッドサイドに置けるコンパクトサイズ

2013.10.24 19:58配信
TSX-B72

ヤマハは、ベッドサイドに置けるコンパクトなデスクトップオーディオシステム「TSX-B72」を、12月上旬に発売する。カラーは、ダークレッド、ホワイト、ダークグリーンの3色。価格はオープンで、実勢価格は2万円前後の見込み。

フロントパネルに大きなデジタル時刻表示を備え、天面には充電用のUSB端子を搭載する。心地よい目覚めをサポートする独自の「インテリアラーム」機能を搭載。ビープ音を鳴らす設定時刻の3分前から、あらかじめ選局しておいたラジオの音声を小音量で流し、最初はストレスを感じやすい高い周波数帯域をカットして、徐々に音量を大きくすることで、快適な目覚めへと誘う。

Bluetooth 2.1+EDRに対応し、スマートフォンやタブレット端末などのBluetooth対応機器から音楽コンテンツをワイヤレス再生できる。また、NFC(近距離無線通信)対応のスマートフォンを本体にかざすだけでBluetooth接続ができる「かんたんペアリング」機能を備える。

スピーカーユニットは、底面にウーファーを内蔵した2.1chシステムで、独自の低音再生技術「SR-Bass」によってサイズを超えた低音を再生する。

iOS/Android対応の専用コントロールアプリ「DTA CONTROLLER」で、音量調整、入力切替、ラジオ選局などのリモコン操作や曜日ごとの細かいアラームスケジュール設定などを、スマートフォンやタブレット端末の画面上で実行できる。「インテリアラーム」のボリュームUPカーブや再生時間のカスタマイズにも対応している。

前面には、直感的な操作ができるノブダイアルを備え、天面には次に押すボタンが光って操作をナビゲートする自照式ボタンを搭載する。立体感のある紛体塗装を施し、味わい深く、触れたくなる質感を実現している。

実用最大出力は4W+4W+8Wで、入力端子はステレオミニジャック×1を備える。サイズは幅210×高さ110×奥行き144mmで、重さは1.4kg。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング