ジョージ・クルーニー監督作『ミケランジェロ・プロジェクト』が公開延期に

2013.10.25 14:55配信

12月18日に北米公開予定だったジョージ・クルーニー監督作『ミケランジェロ・プロジェクト』が、来年2月に公開が延期になった。オスカー狙いと位置づけられていたが、これで次のオスカー戦線からはずれることになった。

延期の理由は、CGIの作業に時間がかかり、12月18日には間に合わないとクルーニーが判断したため。公開が延期になると、作品に問題があるのではないかと悪い予測をされるものだが、クルーニー監督は、「先週のテスト上映の結果は非常に良く、むしろ公開を早められないかとスタジオに言われたほど」と語っている。しかし、CGIの担当者たちに話をすると、現実的にどれくらい時間がかかるものかがわかり、スタジオに延期をお願いしたという。

オスカー戦線からはずれることについて、クルーニーは、もともとこの映画は『大脱走』のような娯楽映画で、最初からオスカーは目的ではないと主張。また、クルーニー監督は、この映画の完成後、1月なかばまでブラッド・バード監督の『トゥモロー・ランド(原題)』(日本は2015年公開予定)の撮影に入る予定で、もともとの公開日だと、『ミケランジェロ・プロジェクト』のための宣伝活動をする時間がなかった。来年2月に動いたことでそのための時間ができたというメリットも指摘している。『ミケランジェロ・プロジェクト』は、第二次大戦を舞台にしたアクション・コメディ。クルーニー監督のほかに、マット・デイモン、ケイト・ブランシェット、ビル・マーレイらが出演する。

文:猿渡由紀

いま人気の動画

     

人気記事ランキング