ダイキン工業、音声で快適・省エネをサポートするルームエアコン「うるさら7(Rシリーズ)」

2013.10.25 21:16配信
音声機能やスマートフォン連携を強化した「うるさら7(Rシリーズ)」

ダイキン工業は、10月24日、音声で室内の環境やおすすめの運転方法を知らせる「音声アドバイス」機能を搭載したルームエアコン「うるさら7(Rシリーズ)」の新モデルを発表した。12月10日に発売する。

地球温暖化係数が低い新冷媒HFC32を採用し、ワイドリビングに最適な4.0~7.1kWクラス全機種で業界トップの省エネ性能を実現した。部屋全体に効率よく空気を循環させる「サーキュレーション気流」や、給水せずに部屋の湿度を上げる機能「うるる加湿(無給水加湿技術)」や、フィルターに捕獲したダニのフンや死骸、カビ、花粉などを強力に分解するクリーンテクノロジー「光速ストリーマ」などを備える。

発表会で、空調営業本部住宅用事業担当の谷内邦治課長は、エアコン市場について「2013年は酷暑や消費増税の影響で、870万台以上の出荷が予測される。しかし、14年はその反動で需要減のリスクがある」と分析。「14年モデルでは、節電・節約への関心が高まっているニーズを汲んで、節電・節約をサポートするソフト面での機能を強化した」とした。

新搭載の「音声アドバイス」は、室内の快適性を維持するためのアドバイスや節電につながる情報を知らせる機能。冬に部屋が乾燥しているとき、加湿暖房をおすすめしたり、運転停止時に電気代を通知して、節電のサポートをしたりする。室内の高温高湿を感知したとき、自動で冷房運転を開始する「高音パトロール」機能も搭載する。

スマートフォンによる遠隔操作には「お知らせ通知」機能を追加。一定時間、部屋に人がいないのを検知すると、スマートフォンに通知して消し忘れを防止する。留守宅の家族を見守る機能を設定することもでき、高温時には遠隔操作で室温を調整できる。また、電気代をスマートフォンから確認し、グラフで表示することもできる。スマートフォンの接続には、別売の無線LANアダプタが必要。

省エネ性能向上のために、エアコンの送風経路やファンモーター、室外機の熱交換器の設計を改善。従来機から送風効率が3%、熱交換効率が7%向上した。

価格はオープンで、6畳向け「AN22RRS-W(C)」が22万円前後、8畳向け「AN25RRS-W(C)」が24万円前後、10畳向け「AN28RRS-W(C)」が26万円前後、12畳向け「AN36RRS-W(C)」27万円前後、14畳向け「AN40RRS-W」「AN40RRP-W(C)」が29万円前後、18畳向け「AN56RRP-W(C)」が31万円前後、20畳向け「AN63RRP-W(C)」が33万円前後、23畳向け「AN71RRP-W(C)」が35万円前後、26畳向け「AN80RRP-W」が37万円前後の見込み。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング