「いつか、絶対」

これは夢を追っている隠れダメ男。夢を追うことと叶えることは別の話。「いつか……」はダメ男の口ぐせです。

“いつか”と“絶対”は相反する言葉。具体性のないことを目標の日も定めず、気合いを語っているだけです。

夢を見るなとは言いませんが、きちんと計画している男性や、実現のためのステップをきちんと踏めている男性、タイムリミットを設けている、区切りをつけている男性を選びましょう。

漠然と夢を語っているのはダメ男。「一流になる、金持ちになる」など漠然とした大きすぎる夢もダメ男の口ぐせです。

また、「バンドデビューする」など10代の少年が言うような話も、年齢を重ねているのならダメ男ですね。

夢を追うにはスキルと忍耐力の有無、自己コントロールができるかという精神的な問題にもなってきます。かなり管理能力が必要なので、なんとなく「夢を叶えたらお金持ちになってウハウハ」と言うチャランポランな気持ちでいるならダメ男でしょう。

  • ただ単に現状に満足していない
  • 現実逃避
  • 夢を追えば幸福が手に入ると勘違いしている
  • 一過性かどうか

以上をチェックしてみてください。彼は平常心を失っているだけかも。夢というとカッコいいですし、夢の話をしたらそのときだけは人からとやかく言われずに済みますしね。

「待っててほしい」

これは夢を語るダメ男のパターンに似ている、隠れ無責任ダメ男。

「待ってて」とは無責任な言葉。女性は恋人に言われると嬉しくなり「いつまでも待つ」と思ってしまうもの。しかし、女性の時間を奪う恐ろしい言葉でもあります。

いったいいつまで待つのか、待ったら結婚してくれるのか、責任は取ってくれるのか。こんなことを言うのは、取り返しのつかないことになることもわからない、浅はかな男なので要注意。

いかがでしたか。これらの男性は一見、前向きな男に見えるので厄介。目に見えてわかるダメ男なら近寄らないようにすればいいですが、彼らはなかなかわかりません。

ダメ男たちはそれなりに経験を積んでいるので、女性が喜ぶ前向きっぽい言葉を知っています。「信じて」「いつか」など、どんな意味にも解釈できる抽象的な言葉を連発するなら考えましょう。

たえなかすず:歌人。短歌を詠むことが好き。ブラブラとOL時代を送ったあと結婚し、二人の娘の母になった恋愛コラムニスト。他恋愛サイトでも連載中。昭和マニアなのでいつも昔に思いをはせています。恋愛の話と面白いネタに食いつきます。趣味は映画観賞とマラソン。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます