企画も兼任した妻夫木聡

 WOWOW「連続ドラマW イノセント・デイズ」完成披露試写会が12日、東京都内で行われ、出演者の妻夫木聡、竹内結子、新井浩文、芳根京子ほかが舞台あいさつに登壇した。

 日本推理作家協会賞を受賞した早見和真氏の同名サスペンス小説を読んだ妻夫木が映像化を熱望し、映画化の企画が頓挫した直後に、早見氏に直接電話をしてドラマ化の承諾を得たという。

 妻夫木は「最初からドラマでじっくり描く方がいいと思っていたので、預けてくれませんかとお願いした。横取りというか、ハイエナみたいな感じですね」と苦笑しながら振り返った。

 さらに「繊細な演出で、生死の境目をより掘り下げて描いてもらえ、素晴らしいものになる」と信頼を置く、映画『愚行録』で組んだ石川慶監督に演出を依頼した。その結果、「企画」に名を連ねることになり、「今日という日を迎えられてうれしい。ついに始まるんだという高揚した気持ちです」と声をはずませた。

 死刑判決を受けた幼なじみの無実を信じ続け、再審請求のために奔走する青年のいちずな思いを描く本作。幼なじみを演じた竹内とは何度も共演し、気心が知れているだけに、妻夫木は「尊敬していて、心が通じ合える女優さん。結子ちゃんが出てくださると分かった時点で、『勝った』という気持ちで安心しちゃっている自分がいた」と明かした。

 竹内は「クランクイン前に言われていたら、たまらないプレッシャーだった。撮り終わっていて良かった」と安堵(あんど)の表情を浮かべた。それでも「ハイエナのように、この企画を取ってきてくれてうれしかった。ありがとう」と冗談めかしながら、“プロデューサー妻夫木”をたたえた。

 ドラマは18日から毎週日曜午後10時にWOWOWプライムで放送。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます