ソニー、地デジチューナーでテレビ番組も楽しめるポータブルBDプレーヤー「BDP-Z1」、HD液晶パネルを搭載

2013.10.29 17:58配信
BDP-Z1

ソニーは、地上デジタルチューナーと10.1V型ハイビジョン液晶パネルを搭載したポータブルブルーレイディスク(BD)/DVDプレーヤー「BDP-Z1」を、12月21日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は5万円前後の見込み。

地上デジタルチューナーを搭載し、テレビ番組を高画質のフルセグ映像で視聴できる。カバー内にシート状で搭載しているアンテナに加えて、本体から引き出すホイップアンテナを備え、より広いエリアでテレビを視聴できる。電波受信状況によって、地上デジタル放送をワンセグ放送に自動で切り替える。

スレート型で、シンプルなデザインを採用。すべての操作ボタンを側面に、ディスクのスロットを背面に配置することで、フラットな形状ながら機能性が高い。液晶パネルの表面にはガラスを使用し、高級感を演出する。

ファブリック素材の本体一体型カバーは、手になじみやすく、持ち運びなど用途に応じて形状を変えて使える。カバーを折りたたんでスタンド状にすれば、本体を立てかけて、机の上で視聴位置に応じて3段階で画面の傾き調整ができる。また、電車などの車内では膝の上に置いて使用したり、カバーを閉じてそのまま持ち運んだりできる。

10.1V型ハイビジョン液晶パネル(解像度1366×768)を搭載。映画の字幕は見やすく、映像の質感を細部まで再現する。サウンドは、5.1チャンネルの音場を二つの内蔵スピーカーだけで仮想的につくり出す「S-Forceフロントサラウンド」で、小型スピーカーでも映画鑑賞に適した包み込まれるような広がりのある音を体感できる。

USBメモリや外付けHDDに保存した動画や静止画、音楽ファイルの再生に対応する。対応ファイル形式は、動画がMPEG1/MPEG2/MPEG4/MPEG4-AVC/WMV/AVCHD、音楽はLPCM/AAC/MP3/WMA、静止画はJPEG。

バッテリ駆動時間は、BD/DVD視聴時が最長で約5時間、地上デジタル放送視聴時が最長で約5.5時間。サイズは幅263×高さ34×奥行き210mmで、重さは約1.6kg。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング