パナソニックが大連の車載用リチウムイオン電池工場で量産を開始

パナソニック オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社は3月13日、中国・大連市の車載用角形リチウムイオン電池工場で量産出荷を開始したと発表した。

工場では、需要拡大が期待されている車載用リチウムイオン電池のなかでも、高出力高容量で安全性の高い角形電池を北米と中国市場に向けて出荷する。今後は、供給先を増やしていく計画。この工場による量産出荷によって、パナソニックは車載用リチウムイオン電池で日本と米国、中国の3か国での生産体制を整えたことになる。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます