家族旅行といえばパックツアーが一般的。いまは色んなツアーがあり、探すだけでも楽しいですよね。

でも、旅を一から作り、子どもの学びや未知なる体験につながる「旅育」ツアーを自ら企画するのも楽しいんです!

旅育って?

「旅育」とは旅が持つ人を育てる側面を存分に活用し、子どもたちに日常では学べないアウトドア体験や郷土体験、農業体験、歴史探訪、スポーツ、芸術鑑賞などを旅の中で体験させ、知識や感性、情感、五感を育むこと。

そんな旅育ツアーは、親の手で愛情込めて作るオリジナルツアーなら、子どもにとってより一層充実するはず!

今年の春からGW、夏休みの旅は、ぜひ手作りの旅育ツアーを企画しましょう!

今回は旅育ツアーのエキスパートに、旅育オリジナルツアーの作り方を教えてもらいました。おすすめの旅企画ランキングTOP3は必見です!

「旅育」ツアー作りのポイント3つ

「旅育」ツアーは、そもそも何をポイントに行き先やアクティビティを選べばいいのでしょうか。

旅育の考え方を取り入れている家族向け旅行イベントを実施するプロジェクト「ASOBO JAPAN」のツアー企画担当者さんは、次の3つのポイントを挙げます。

唯一無二の体験ができる

「ASOBO JAPAN」ツアー企画担当者さん(以下、担当者)「日常における自宅、保育園、幼稚園、習い事、机上での学習だけでは得られない、唯一無二の体験は、旅だからこそできることです」

旅の中で「学び」がある

担当者「小さな子どもでも歴史や土地の魅力を知ったり、まだあまり認知されていない地域資産に触れたりすることの『学び』があることも、旅育に欠かせません」

親子一緒に感動できる

担当者「パパもママも『こんなのはじめて!』と感じられ、家族みんなが一緒に感動できるアクティビティ・体験を入れるのもポイントです」

旅育おすすめツアー企画TOP3!

続いて、これらの旅育のポイントを押さえた実際の旅作りをイメージしてみましょう!

ASOBO JAPANの担当者さんに、これまでASOBO JAPANで実施されたツアーのうち「旅育」プランとしておすすめのトップ3を伺いました。第3位から順にご紹介します!

第3位 プロの下、世界遺産の学びと本格スノーシュー!

(画像はイメージです)

スノーシューをしながらガイド付きで世界遺産である北海道・知床の森&流氷を観察するプラン。

第3弾の「WHITE CAMP」では、プロの指導の下、家族で安全に現地を探検しながら、詳しい解説を聞くことで、世界遺産を体験学習したそうです。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます