ニコール・キッドマン、トム・クルーズとの結婚の思い出を語る

2013.10.30 17:25配信

ニコール・キッドマンが、「Vanity Fair」12月号で、トム・クルーズとの結婚生活を振り返った。彼女にとって、人生最大の愛の相手は、クルーズではなく現在の夫キース・アーバンだとも語っている。

夫婦だった頃のクルーズと自分を、キッドマンは、やはり全世界から注目されているブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーに比較。「バブルに包まれているような状態を体験しているのは、自分のほかに相手しかいない。そのせいで、さらにお互いに寄り添いあうことになり、陶酔してしまうほどロマンチックになる」とし、「ブラッドとアンジェリーナの間にもそれがあるでしょう」とコメントした。

クルーズとキッドマンは、10年の結婚生活を経て2001年に離婚。思いもかけなかった展開に大きく傷ついたキッドマンは、すぐに誰かとつきあう気になれず、長い時間をひとりで過ごしたと振り返る。現在、キッドマンは、アーバンとふたりの娘と一緒に、テネシー州ナッシュビルに在住。「家族を持つためには、あきらめるべきことがたくさんある。ハリウッドに住んでいると、自分のキャリアがすべてになってしまう」と考えるキッドマンは、むしろ夫のキャリアを中心にしながら、自分のキャリアも少しずつ積み重ねていきたいと語った。キッドマンの次回作は、来年3月北米公開予定の『Grace of Monaco』。

文:猿渡由紀

いま人気の動画

     

人気記事ランキング