脚本を読み、出演を即決。エマ・ワトソンが語る新作『ウォールフラワー』

2013.10.31 9:49配信
『ウォールフラワー』(C)2013 Summit Entertainment. LLC. All Rights Reserved.

『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』のローガン・ラーマンが主演を務める青春映画『ウォールフラワー』にエマ・ワトソンが出演している。『ハリー・ポッター』シリーズで圧倒的な人気を得た彼女は現在、女優として着実にキャリアを積んでおり、脚本を読んだ直後に本作への出演を希望したという。

その他の画像

『ウォールフラワー』は、1999年に発刊され、アメリカで大ベストセラーになった同名小説を作者のスティーブン・チョボスキーが自ら映画化したもの。高校入学初日から友達も作ることができずにパーティでも“壁の花(ウォールフラワー)”として過ごしていた16歳の少年チャーリー(ラーマン)が、パトリック(エズラ・ミラー)とサムという上級生と出会ったことを機に、友情や恋、挫折を知っていく過程を繊細なタッチで描いている。

本作でワトソンが演じたのは、主人公が学内で出会ったパトリックの義理の妹サムだ。彼女は「脚本を読み終えた時、泣いていたわ。それが私の1回目の反応だった。全部を一気に読み上げたの。2時間身動きもせずに、どんどん読み進んだわ。とても気に入ったの。『これはいったい誰の脚本?』と思ったわ。それからエージェントに電話して、どれほど気に入ったかを伝えたの」と振り返る。サムは活発で、学園生活を満喫しているが、心のどこかで抑圧感を感じている不思議なキャラクターだ。そこでワトソンは、物語の生みの親でもあるチョボスキー監督と綿密に話し合い、役をつくっていったという。「自分が入り込む映画の世界観をこれほどまでに知っていて、シーンに行き詰った時にいろいろな話をしてくれる人がいる。彼がすべての情報源だった。私は本当に甘やかされたわ」と語る。

もちろん、サムは特殊なキャラクターではなく「十代を経験してさえいれば共感できる」人物だという。「私の父も気に入ってくれた。多くの真面目な批評家たちが『この映画と心がつながった』とか『泣けてきた』とか言わずにいられない作品だったの。この物語には、時代や場所や年齢を超えた、どこか並外れたところがあるの」。

ちなみにワトソンにとって本作はキャリアの中でも大きな位置を占めるようで「エズラ、ローガンたちと会った瞬間に、これまでで最高の夏になると感じた。この映画で私は生涯、友達でいられる人たちに出会えたの」とコメントしている。

『ウォールフラワー』
11月 TOHOシネマズ シャンテ、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング