エグゼモード、世界初のクラウドプロジェクター「aigo Projector Cloud」

2011.12.20 20:19配信
aigo Projector Cloud

フリービットグループのエグゼモードは、世界初となるクラウドストレージ接続機能を搭載する超小型モバイルプロジェクター「aigo Projector Cloud」の予約受付けを12月20日に開始した。12月下旬に発売する。

「aigo Projector Cloud」は、フリービットが提案するクラウド空間にある「つながり」の楽しさをリアル空間に広げる新しいコンピュータ像のコンセプト「Social Computer」コンセプトに基づく製品の第一弾。

「aigo Projector Cloud」は、超小型プロジェクターとして最高輝度の300ルーメンを実現、DLP方式で、明るい部屋でも利用できる。投写サイズは3.5インチ~150インチで、場所を問わずに使用できる。

Wi-Fi機能を内蔵し、本体だけでクラウドストレージ「ServersMan@Disk」に接続して、PCやスマートフォンなどで作成したファイルに、クラウドストレージ経由でアクセスできる。本体だけで表示できるファイル形式は、動画/静止画/Officeファイル。クラウドストレージだけでなく、USBメモリやmicroSDカード内のファイル表示にも対応する。

OSには、Windows Embedded CE 6.0 R3を採用。カーソルは本体上部のタッチパネルで操作でき、付属のUSBマウスや小型ワイヤレスキーボードも使用できる。また、内蔵メモリの空き領域にアプリケーションを追加することができるので、機能を継続的に強化できる。「簡易プラウザー機能」に最適化したポータルサイトでは、製品の最新情報やFAQなどを紹介している。サイズは幅90.8×高さ31.2×奥行き98.8mmで、重さは230g。

標準モデルの「aigo Projector Cloud」(PT6316L)は、三脚(小)、USBマウス、VGAケーブル、音声AVコンポジットケーブル、ミニUSBケーブル、電源ケーブル、ACアダプタ、Cloud Basket(ポーチ)が付属し、「ServersMan@Disk」10GBプランを最大3か月無料(以降は月額210円)で利用できる。

「aigo Projector Cloud Premium」(PT6316S)は、三脚(小)、USBマウス、VGAケーブル、音声AVコンポジットケーブル、ミニUSBケーブル、電源ケーブル、ACアダプタ、Cloud Basket(ポーチ)に加えて、三脚(大)、ワイヤレスキーボード、折り畳み式A4スクリーンが付属し、「ServersMan@Disk」100GBプランを最大1年間無料(以降は月額1155円)で使うことができる。

価格はどちらもオープンで、実勢価格は「aigo Projector Cloud」が4万9800円前後、「aigo Projector Cloud Premium」が7万9800円前後の見込み。

容量22000mAの大容量モバイルバッテリ「ポータブルパワーパック N2688」の予約受付を12月20日に開始し、2012年1月下旬に発売する。パワーパックを使用すれば、「aigo Projector Cloud」を最大2時間30分駆動できる。携帯電話やスマートフォンなど、多彩な機器に接続可能な14種類のコネクタが付属している。

サイズは幅114.0×高さ23.5×奥行き189.0mm。価格はオープンで、実勢価格は2万2800円前後の見込み。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング