北川景子&深田恭子、互いに敬意!『ルームメイト』で初共演

2013.10.31 12:21配信
(左から)高良健吾、北川景子、深田恭子

北川景子と深田恭子が初共演したミステリー『ルームメイト』の完成披露試写会が30日、東京・バルト9で行われ、北川と深田に加えて、共演する高良健吾、古澤健監督が舞台あいさつに登壇。初共演の感想を「深田さんに触発された部分が大きいし、リスペクトもあった」と北川が語れば、深田は「すごくまっすぐな女性。現場の結束を高めてくれた」と明かし、互いに敬意を表していた。

その他の写真

ミステリー作家・今邑彩氏の同名小説を『オトシモノ』『Another アナザー』の古澤監督が映画化。入院をきっかけに、看護師の麗子(深田)と意気投合し“ルームシェア”を始めた派遣社員の春海(北川)は、麗子の奇妙な行動を目にして以来、次々と不可解な事件に巻き込まれていく。北川は「新鮮な顔ぶれで、新しい感覚の作品を作ることができた。(ミステリーなので)殺伐とした現場かと思ったが、明るく楽しい時間を過ごせた」と本作に強い自信を示した。

一方、深田は「難しい役どころなので、監督に頼りきりだった」と告白したが、当の古澤監督は「毎日、おふたりの演技に驚かされるばかり。監督の僕が、頼りきりだった」と感謝の意。さらに「見どころは女優の変貌ぶり。皆さんが知らない北川さん、深田さんを見てもらえるはず」とアピールした。共演する高良も「楽しい時間を過ごし、好きだなって純粋に言える現場だった」と振り返った。

舞台あいさつでは「女の素顔は恐ろしい。」というキャッチコピーにちなみ、北川と深田は互いの“素顔”を語ることに。「こんなにきれいなのに、中身も完璧。現場でも安定していて、いつも笑顔でいてくれた」(北川)、「サバサバしているイメージですけど、メールがすっごい可愛いんです」(深田)と褒め合っていた。

『ルームメイト』
11月9日(土)全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング