AppleのMacBook Air

家電量販店・オンラインショップの実売データを集計した「BCNランキング」によると、2018年2月にもっとも売れたノートPC(PB除く)は、Appleの「MacBook Air」の「MQD32J/A」だった。MacBook Airが月間トップに立つのは今年初。ただ、前月3位だったスペック違いの「MQD42J/A」は4位にダウンした。

カラーバリエーションやHDD/SDD容量の違いなどを別々に集計した機種別ランキングで、長らくトップだった富士通の「FMV-LIFEBOOK AH」シリーズの「FMVA45B2W」(プレミアムホワイト)は2位に後退。3位には、NECの「LAVIE Note Standard」シリーズの17年夏モデル「NS150/HAW」(エクストラホワイト)が前月8位から急上昇してトップ3入りを果たした。

同じく17年夏モデルの「NS350/HAW」も、前月17位から10位に大幅ランクアップ。一方、前月5位だったASUSの「VivoBook E203NA(E203NA-232)」のスターグレーは25位まで順位を落とすなど、月間ランキングは大きな変動があった。

春は進級・新入学にあわせ、学生の新規購入や親子で使える最新PCへの買い替え需要が高まるシーズン。3月のランキングにも目が離せない。

*「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店・ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計している実売データベースで、日本の店頭市場の約4割(パソコンの場合)をカバーしています。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます