EIZO、ゲーム市場向け23.5インチ液晶ディスプレイ「FORIS FG2421」、240Hz駆動で高速描画

2013.10.31 14:30配信
FORIS FG2421

EIZOは、10月30日、ゲーム市場向けの23.5インチワイド液晶ディスプレイ「FORIS FG2421」を、オンラインショップのEIZOダイレクトと、直営店のEIZOガレリア銀座で発売した。価格は6万4800円。

一般的なゲーム用ディスプレイが採用しているTNパネルと比較して約5倍の高コントラスト比となる5000:1の23.5インチワイドVAパネル(解像度1920×1080)を採用。視野角の広さと相まって、高い視認性をもつ。

新機能「Turbo 240」で120Hzの入力信号に240Hzのバックライト処理を加え、CRTディスプレイのようなキレのある高速描写ができる。一般的なゲーム用ディスプレイと比較して残像が少なく、FPS(First Person Shooting)やレースゲームなどの高いコントロール精度が必要なゲームで、より的確な操作ができる。

独自の回路設計によって、240Hz駆動時でも1.5フレーム未満(0.012秒未満)の低遅延を実現し、細やかな操作を瞬時に画面へ反映できる。

カラーモードはプロのゲーム選手が監修し、FPSやRTS(Real Time Strategy)など、各ゲームジャンルに理想的なモードを搭載する。また、付属の専用ソフト「ScreenManager Pro for Gaming」を使って、画面上でユーザーの好みに合わせた詳細なカラー調整ができ、設定値をファイルで出力し、ユーザー同士で設定を共有できる。

ゲームに集中しやすいシンプルなデザイン。背面には個性を主張する航空機をイメージした通風孔や、LEDで光るEIZOのロゴ、持ち運びに便利なバーミリオンカラーのハンドルを備える。

映像入力端子は、DVI-D(HDCP対応)×1、DisplayPort×1、HDMI×1を搭載。音声出力端子としてヘッドホン用のステレオミニジャック×1、スピーカー接続用のステレオミニジャック×1を備える。サイズは幅563.5×高さ391.0~451.0×奥行き200.0mmで、重さは約6.2kg。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング