『劇場版 BAD BOYS J』イベントで乃木坂46が熱唱

2013.10.31 20:55配信
スペシャルイベントの様子

『劇場版 BAD BOYS J―最後に守るもの―』の公開を前に30日、映画に出演する「乃木坂46」の橋本奈々未、白石麻衣、生駒里奈、松村沙友理らによるスペシャルイベントが開催され、挿入歌の「世界で一番 孤独な Lover」を生で熱唱した。

その他の画像

中島健人(Sexy Zone)主演で、広島の覇権をめぐる不良グループの抗争を描いた連続ドラマ「BAD BOYS J」の劇場版で、主人公の恋人を演じる橋本をはじめ、レディースチームのメンバーなどで乃木坂のメンバーが数多く出演。この日は能條愛未、若月佑美、桜井玲香、伊藤寧々、伊藤万理華、秋元真夏も来場。「BAD“GIRLS”」として全員、黒いセクシーなレディースの衣裳で登場し会場を沸かせた。

橋本の「どうでしょうか? BADな感じに見えますか?」というちょっぴり心配そうな問いかけに客席の男性ファンが野太い歓声で後押し。「前のイベント(完成披露試写会)は女性の観客が多かったけど、今日は男性が多いですね。男の人にも観てもらえてうれしいです。『乃木坂』の銀幕デビュー作ですが、とても素晴らしい作品に関わらせていただき、こうしてみなさんの目に届くのがうれしい! 内容のつまった作品になってます」と呼びかけた。

白石は劇場版からの参加となるが「初めてで緊張しましたが、周りのキャストの方も監督もスタッフさんもみなさん、優しく接してくださいました。スクリーンに映った自分は、クールでカッコよかったです」と自画自賛で出来栄えに自信をのぞかせる。松村は最近やってしまったBADな出来事を尋ねられ「言ったら引かれそうなんですが…」と予防線を張りつつ「最近、乃木坂で写真集を出したんですが、みんなかわいくて、メンバー全員(の写真)にチューしてます!!」と告白。これには他のメンバーから「キモい!」「寒気がする!」など非難の声が上がったが、松村はその反応に「身を削って言ってよかった! 家で密かにやってます」と満足そうな笑みを浮かべていた。

ミニライブでは、映画に出演していないメンバーもセクシー衣裳で駆けつけ、総勢16名で挿入歌の「世界で一番 孤独な Lover」を披露。客席中央の花道にまで飛び出しての熱唱&ダンスのパフォーマンスに客席からは熱烈な歓声がわき起こった。なお当初、出演予定だった高山一実は体調不良のため欠席となった。

『劇場版 BAD BOYS J―最後に守るもの―』
11月9日(土)全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング