iPhone派VSアンドロイド派が熱く語る! 映画『スティーブ・ジョブズ』

2013.11.1 17:48配信
『スティーブ・ジョブズ』(C)2013 The Jobs Film,LLC.

アップルの創設者であるスティーブ・ジョブズの半生を映画化した『スティーブ・ジョブズ』の試写会に、iPhoneユーザーとアンドロイドユーザーが集まり、上映後のアンケートに熱いコメントが寄せられた。

その他の写真

映画は仲間たちとガレージで“アップル”を創業し、次々とヒット商品を生み出すも、その傍若無人ぶりから周囲と衝突を繰り返し、ついには自分でつくった会社さえも追われてしまったジョブズ氏の半生と、彼が見据えたビジョンと信念の強さを描き出す。人気俳優のアシュトン・カッチャーが、ジョブズを演じ、話し方や歩き方、しぐさを徹底的に再現した演技が“生き写し”“瓜二つ”だと高く評価されている。

試写会当日は、iPhone愛用ユーザーとアンドロイド・ユーザーだが「ジョブズの偉業はやっぱりすごい!」と語る観客が集結。上映後に行われたアンケートで「デザイン性が高く、操作性がいい」「遊び心がいい」と語るiPhone派は、本作について「子供みたいな性格、夢中になって何かをやりとげようとする姿にわくわくした」「粗野で不器用で、でも自信家で人を惹きつける魅力があるジョブズが見事に描かれていた」「真の芸術者だと思った」「出る杭で居続ける技術者のプライドが素晴らしい」と絶賛した。

また、「画面が大きいから」とアンドロイドを支持する観客も、「本当に良かった!『え、もう終わっちゃうの?』と久しぶりに映画を観て感じたくらい」「キレイごとばかり描かれておらず、見ごたえがあった」「ジョブズそのものが魅力的で、観ていて気持ちが高ぶった。彼が亡くなったのが残念」「ジョブズはプログラムの天才と思ってたけど、理想を形にした天才。人を動かす才能のある人なんだなと思った」「自分なりに熱意を持って生きたいと思った」と作品を賞賛。アンドロイドを使ってはいるものの、ジョブズの人生に惹かれたようだ。

「ジョブズが乗り移っているかのようだった!」とジョブズに扮したアシュトン・カッチャーの演技を絶賛する声や、「続編が観てみたい」という意見も多く集まり、iPhone派、アンドロイド派を魅了した本作は本日から公開されている。

『スティーブ・ジョブズ』
公開中

いま人気の動画

     

人気記事ランキング