加瀬亮『SPEC』完結編の心境語る「さみしさ半分、晴れやかさ半分」

2013.11.2 17:35配信
戸田恵梨香と加瀬亮

スペックホルダーと呼ばれる特殊能力をもつ犯罪者に立ち向かう特殊捜査官コンビの姿を描き、大ヒットした人気シリーズの完結編の前篇『劇場版 SPEC~結(クローズ)~ 漸ノ篇』が1日、全国で封切り。東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズでは初日舞台あいさつが行われ、主演を務める戸田恵梨香と加瀬亮、共演の竜雷太、向井理、大島優子、堤幸彦監督が登壇し、本作への思いを漢字一文字で表した。

その他の写真

主人公で特殊事件専門の部署、通称“未詳(ミショウ)”所属の特別捜査官・当麻紗綾を演じる戸田は「シリーズの終わりであり、女優としての私の第一ステージが終わった。ここから新たなステージを歩いていくんだなと……」という思いを込めて“終”の一文字をチョイス。一方、当麻の相棒・瀬文焚流役の加瀬は“半”を選んで「さみしさ半分、晴れやかさ半分です」と心境を語った。

メガホンを執った堤監督は“完”を選んだが、11月29日公開の『劇場版 SPEC~結(クローズ)~ 爻ノ篇』に関しては「全然できていません。かなりマズイ」と心配な状況報告。それでも「今も100人以上のスタッフが頑張っているところで、ものすごい作品ができると確信している」と自信のコメント。竜もまた“完”を選び「これでひとつの終わりですね」としみじみ語っていた。

向井と大島は映画シリーズからの参加となり、「観終わっても埋め切れない空白がある作品。その空白をご覧になった皆さんに埋めてもらって、自分なりのオリジナル『SPEC』を作ってください」(向井)、「もともと大ファンだったので、嬉しいと同時に緊張の現場でした。堤監督には、女優として新しい幅を作ってもらえた」(大島)と話していた。

『劇場版 SPEC~結(クローズ)~ 漸ノ篇』
公開中
『劇場版 SPEC~結(クローズ)~ 爻ノ篇』
11月29日(金)より全国東宝系にて公開

いま人気の動画

     

人気記事ランキング