NEC、Windowsストアアプリ「My Time Line」をバージョンアップ、Facebook連携などに対応

2013.11.7 22:9配信
My Time Line

NECパーソナルコンピュータは、11月7日、AIプログラムが閲覧履歴を分析して、ユーザー個人の興味に合うジャンルのニュースやSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上で話題となっている社会的関心の高いニュースをセレクトして提供するオリジナルのWindowsストアアプリ「My Time Line」をバージョンアップし、Windowsストアでダウンロード提供を開始した。価格は無料。

パーソナライズ機能を備えた情報リーダー。前バージョンはNECの2013年個人向けPC秋冬モデルにインストールして提供していたが、最新版のバージョン2からはNEC以外のPCにも提供する。

ニュースを時間順に表示する機能に加えて、54種類に分類したカテゴリ別表示に対応。ユーザーの興味の度合いを学習することで、カテゴリを分類するリボンの色が自動的に変化し、出現頻度の高いカテゴリを見つけやすく表示する。

タイル状にニュースの写真を表示するグラフィカルなユーザーインターフェースを採用。三つの地域を登録できる天気予報機能や、興味のないカテゴリを非表示にする機能を搭載する。

バージョン2では、コンテンツ提供社数を従来の17社53サイトから、25社65サイトに拡大。時事ニュースや趣味、ライフスタイルなど、より幅広い情報を提供する。

新たにFacebookとの連携に対応し、Facebookアカウントを登録することで、記事に対して「いいね」やコメントを投稿できる。また、キーワード検索機能や動画による使い方チュートリアルを備える。

対応OSはWindows 8.1。

・「My Time Line」のダウンロード

いま人気の動画

     

人気記事ランキング