AI・IoT・ビッグデータプラットフォームを提供するオプティムは3月19日、工業用間接資材で通信販売を手がけるMonotaRO(モノタロウ)と業務提携し、無人・省人オペレーションを目指した店舗の運営実証実験を行うと発表した。佐賀大学の本庄キャンパス内に、店舗管理支援サービス「Smart Retail Management」を活用した無人店舗の1号店「モノタロウ AIストア powered by OPTiM(モノタロウ AIストア)」を4月2日にオープンする。この店舗は、モノタロウ初の実店舗であり、日本で初めて大学構内で運営される無人店舗となる。

モノタロウ AIストアでは、キャッシュレスやセルフ決済を行うスマートデバイス用アプリ「モノタロウ店舗アプリ」と店舗内のカメラ映像や入退店ゲート機器の情報を、店舗管理支援サービス「Smart Retail Management」で連携。店舗に店員がいない状況でも、店舗内のカメラや入退店ゲート、各種センサを制御する。設置機器から取得したデータをAIが解析してマーケティングに活用できる来店状況の分析や防犯検知など、無人店舗運営の問題に対する解決策などを実証実験で検証していく。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます