日本エイサー、8インチのWindows 8.1搭載タブレット端末「Iconia W4-820」、Officeが標準で付属

2013.11.8 17:5配信
Iconia W4-820

日本エイサーは、Windows 8.1搭載の8インチタブレット端末「Iconia W4-820」を、12月中旬に発売する。ラインアップは、Microsoft Office Home and Business 2013が付属する「Iconia W4-820/FH」と、Microsoft Office Personal 2013が付属する「Iconia W4-820/FP」の2モデルで、価格はどちらもオープン。実勢価格は「Iconia W4-820/FH」が4万8000円前後、「Iconia W4-820/FP」が4万3000円前後の見込み。

CPUにインテルAtom Z3740を採用。5点マルチタッチ対応の8インチIPS液晶ディスプレイ(解像度1280×800)、2GBのメモリ、64GBのフラッシュメモリを搭載する。インターフェースはMicro USB2.0×1基、MicroHDMI×1基で、microSDカードリーダーを備える。

無線通信は、IEEE802.11a/b/g/n準拠の無線LANとBluetooth 4.0に対応。OSはWindows 8.1 32ビット。ディスプレイには、視野角170°で斜めからでも画像が鮮明なIPSパネルを採用し、色ムラや色変化の少ない、鮮明な映像表示を実現している。

Windows 8.1とクアッドコアCPUの採用によって、アプリやコンテンツが快適に動作する。Flashコンテンツやマルチタスクにも対応する。バッテリ駆動時間は最長で10時間。サイズは幅135.0×高さ10.8×奥行き219.0mmで、重さは415g。

別売オプションとして、Bluetoothキーボードや全6色の本体カバーを用意する。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング