パナソニック、台座タイプのシアターボード「SC-HTE80」、テレビの下に設置して重低音を再生

2013.11.8 17:2配信
SC-HTE80

パナソニックは、テレビの下やラックの中に置くことができる薄型のシアターボード「SC-HTE80」を、11月22日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は3万円前後の見込み。

2.1chシステムを搭載した一体型シアターボード。テレビを上に置ける台座タイプで、耐荷重は約30kg。幅が460mmとコンパクトなので、ラックにも収納できる。

薄型ボディに、フルレンジユニット×2基と、直径80mmのサブウーファー用スピーカー×2基を搭載。空気抵抗を減らして歪みの少ない低域を響かせる長さ240mmのエアロストリームポートで、迫力ある重低音を再生する。また、欠落した信号の倍音を生成することで、欠落した信号を頭の中で擬似的に知覚できるよう再現する「H.BASS」を備える。

Bluetooth 3.0に対応。スマートフォンやタブレット端末などBluetooth対応機器に保存した音楽をワイヤレスで再生できる。NFC(近距離無線通信)にも対応し、NFC対応Android搭載端末に専用アプリ「Panasonic Music Streaming」をインストールすれば、タッチするだけで接続できる。

声の帯域レベルを効果的に上げることで、ドラマの雑踏のシーンでのセリフや歓声に沸くスポーツ中継の解説など、聴こえにくい言葉を聴き取りやすく再生する「明瞭ボイス」を搭載。セリフの上方補正によって、テレビ画面の方向から音声が聞こえてくるような映像と音の一体感を出す。効果レベルは「明瞭ボイスコントローラー」で4段階で調整できる。

視聴シーンに適した音場効果を楽しめる6種類の「サウンドモード」や、音場制御技術によって上下/前後方向の音場を広げ、奥行き感のある音を実現する「3Dサラウンド」、急な音量変化による耳ざわりな音量アップを抑える「音量オート」、番組のジャンルに合わせてサウンドモードを自動的に切り替える「番組ぴったりサウンド」など、多彩な機能を備える。

実用最大出力は120W(フロント30W+30W、サブウーファー60W)。インターフェースは、HDMI入力、HDMI出力、光デジタル音声入力、アナログ音声入力、USBを各1基搭載する。サイズは幅460×高さ60×奥行き280mmで、重さは約3.2kg。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング